要注意!額・おでこの真ん中ニキビ、こめかみニキビは病気のサイン?!

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

顔にできるニキビについて、ニキビが出来る場所で自分の健康状態がわかるというのはよく聞く話ですよね。
例えばあごに出来たニキビは胃の不調だとか、同じあごでも、両脇にできるとホルモンバランスが崩れているとか。
では、一度できると悪化しやすい「おでこニキビ」は一体身体のどの部分の不調を訴えているのでしょうか?

一般的におでこニキビは…

一般的に、おでこにニキビがたくさんできたり、できたニキビが治りきらずに悪化するのは、「ホルモンバランスの乱れ」や「過剰なストレス」が原因と言われています。
確かに、通常のおでこニキビであれば、おでこにニキビができたからと言ってそこまで体調に深刻なダメージが起こっている、つまり何か病気になっているからおでこにニキビができたとは言えません。

しかし、いくら治そうと真剣に取り組んでもなかなか良くならないとか赤いまま長期化するようなニキビであれば、それは要注意です。
実はそのおでこニキビが、あなたの体のどこかが不調であることを表しているかもしれないのです。

なぜ?体の調子が悪いとおでこニキビや吹き出物ができるの?

では、おでこニキビと体の病気はどこで繋がっているのでしょうか。

○眉間にできるニキビは?
おでこには真ん中と左右がありますが、こめかみではない「眉間」にニキビができた人は肝臓の機能が弱まっているのかもしれません。
身体の解毒を司る器官の肝臓なので、眉間にニキビができてしまったら、晩酌は止めるとか外食でもアルコールは控えるようにするのが無難です。
肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど「我慢強い」臓器で、よほど深刻な状態や病気にならない限り、自ら不調を訴えることはありません。
その肝臓が不調を訴えて、額にニキビを出したのであれば、何か病気がないかどうかを調べるだけでもした方が自分の身体のためですからね。

○おでこの「こめかみ」寄りにニキビが出来るのは…?
おでこにできるニキビや吹き出物が、左右のこめかみ辺りに集中して出来る人は、膀胱や消化器の不調を抱えていることが多いと言われています!
体内の消化がうまくいかず、さらに消化がうまくいかないことで身体に老廃物が溜まりやすくなります。
そうすると、体内の活性酸素濃度が上がり、皮膚の不調が始まるのです!
しかし、おでこのニキビをずっと放っておくと、せっかく身体が出してくれていたサインを見逃しているのと同じなので、膀胱や消化器の不調はいよいよ「病気」に繋がっていってしまいます。

ちなみに眉間にニキビができるような体調の時と言うは、食物アレルギーやじんましんが起こりやすいと言われているので、できるだけ身体に優しい生活を送るよう心がけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る