皮膚科や病院でホルモンバランスを整える治療・検査を受けてニキビを治す

test_top_12
Pocket

大人ニキビの主な原因はホルモンバランスの乱れ。
もともとの原因が体の中にあるため、まずそこを何とかしない限り良くならないのです。
スキンケアを頑張ったり、油ものを避けたりしてみても、大人ニキビや肌荒れがなかなか良くならないのはそのせい。
しつこいあごニキビや背中ニキビを徹底的に治療したい場合、どうしたらいいのでしょうか。
そこで、皮膚科で受けられるホルモン検査やホルモン治療について詳しく調べてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

ホルモンバランス検査ってどんなもの?

ホルモンバランス検査は皮膚科や婦人科、内科、漢方専門クリニックなど、いろいろなところで受けられます。
保険が効かないので1回あたりの費用は施設によってバラつきがありますが、だいたい平均で5,000~10,000円ぐらい。
高いところではなんと50,000円以上! ということもあるので、検査を受ける前に費用の確認をしておきましょう。

検査は腕からの採血によって行われ、その日のうちにすぐ結果が出ます。
自分の体内にどれぐらいの女性ホルモンが分泌されているかがはっきりと分かるので、その結果に基づいてホルモン療法を試すか否かを検討することになるでしょう。

ホルモンバランスを検査する「ホルモンドッグ」

皮膚科や婦人科では「ホルモンドッグ」と呼ばれる検査を受けることができます。
これは、血液検査によって患者さんの体内に存在する男性ホルモン・女性ホルモン・成長ホルモンの量を調べるというもの。
現時点でどのホルモンが多すぎたり少なすぎたりするのかがはっきり分かるので、治療方法や補充するホルモンの量を決めることに役立つのです。
料金はちょっと高めで、1回につき40,000~60,000円ぐらいが相場。

他にも気になる点がある場合は「アンチエイジングドッグ」と呼ばれるものを受けることもでき、ホルモンの状態に加えてメタボ診断や抗酸化力のチェックなどが行われます。
ただし、料金は一気に100,000円ぐらいまで跳ね上がるので注意してください。

ホルモン治療ってどんなことをするの?

皮膚科でのホルモン治療は、低用量ピルや注射、塗り薬などを使って女性ホルモンを補充し、ホルモンバランスを整えていく方法がとられます。
どのやり方で治療するかは患者さん本人の意思や体質などによって決められ、ほとんどの場合、定期的に診察を受けるぐらいで頻繁に通院する必要はありません。

低用量ピルは「避妊のための薬」というイメージが強いですが、エストロゲンとプロゲステロンを絶妙のバランスで配合してあるため、ニキビや肌荒れといった肌トラブルの治療にもよく使われています。
体質に合わない場合は処方を見送られますが、問題なく使える場合でもわずかに婦人科系疾患のリスクが上がったり、血栓ができやすくなったりする可能性があるので、処方のたびに診察を受け、慎重に使うようにしましょう。
ただし、以下の条件に該当する人は低用量ピルの服用ができないので、別の方法を選択するようにしましょう。
<低用量ピルが使えない人>
・年齢が35歳以上で、1日15本以上タバコを吸う人
・血栓ができた経験のある人
・血圧の高い人(軽度の場合は医師の判断による)
その他、年齢が40歳以上の人や婦人科系疾患の疑いがある人、タバコを吸う人、太っている人、身内に血栓症の素因を持つ人がいる場合は、服用に際して注意が必要となります。

ピルを使ったニキビ治療についてはコチラで詳しく紹介しています。

東京・大阪で評判の良い皮膚科のご紹介

<相澤皮フ科クリニック>
東京都調布市布田1-43-9 釼持ビル3F
TEL:042-499-6171
休診日:木・日曜・祝祭日
「相澤皮フ科クリニック」は、大人ニキビを2ステップで治療してくれる病院です。
第一段階としてまずホルモン剤を使い、ニキビの原因となる皮脂の量を抑え、次にレベルに応じた治療計画を立ててコンビネーション外用治療を行います。
通院の回数や費用をできるだけ抑え、患者さんの負担がかかりにくい治療計画を立ててくれますよ。

<トキコクリニック>
大阪市中央区南船場4-7-6 心斎橋中央ビル6階
TEL:06-6241-6663
休診日:日曜・祝祭日
「トキコクリニック」では、ナチュラルホルモン補充療法を使ってニキビを治していきます。
検査で実際のホルモン量を調べ、患者さん一人ひとりに合った量をバランスよく補充するので、トラブルが出にくく、より高い効果が得られますよ。初回採血料は35,000円(税別)です。

ドクターズサプリメントや漢方で体調を整える

「ドクターズサプリメント」は、専門知識を持つ医師が患者さん1人ひとりの症状に合わせて処方してくれるサプリです。
自分の勝手な判断で市販のサプリを飲むよりも、より安心で高い効果が期待できますよ。
なくなるたびに皮膚科へ足を運ぶ必要があることや、市販品に比べて価格が高めに設定されているというデメリットはあるものの、本気で大人ニキビを治したい人には強い味方になってくれるでしょう。

「漢方」は、ホルモンバランスを乱す原因を根本から治療し、ニキビのできにくい肌へと導いてくれる薬。
非常にたくさんの種類があり、合わないものを使うと副作用が起きる可能性があるため「漢方医」と呼ばれる専門家からカウンセリングを受けて購入する方法が一般的です。
皮膚科でも漢方の処方はしてくれますが、万人向けに調整されたものなのでどうしても劣る部分があります。
ただし、漢方薬局で購入する場合に比べると費用が安く済むので、コストを抑えたい時には便利です。
漢方について詳しく解説している記事はコチラ!

おわりに

ホルモン療法を用いたニキビの治療について、いかがでしたか?
ホルモンバランスを整える治療を行うことで、大人ニキビを治していく方法は、ニキビや肌荒れを整えるだけでなく、生理痛やPMSの改善に繋がることもあります。
自分の体の状態を正しく知ることは健康管理にも役立つので、機会があればぜひ受けてみてくださいね。
まずは皮膚科に行って相談してみましょう。
残念ながら健康保険が使えないので費用は高額になりがちですが、ホルモンドッグを受けることで自分の体について知ることができるし、より適切な治療計画が立てられるので安心です。
通院の回数を極力抑えたクリニックも多いので、大人ニキビができやすい人は一度相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る