男だって悩んでる!一気に増えるおでこニキビを改善したい!

original

思春期にニキビができて悩んだことがある(悩みまではいかなくても気にしたことがある)男性は、大人になってもちょっとしたことでニキビができやすい体質だったりします。
しかし、大人になってからできるおでこニキビと、思春期にできるおでこニキビでは、その意味合いはちょっと異なってきます。
今回は男性が悩むおでこニキビについてです。

思春期のおでこニキビは「ホルモンバランス」の崩れ

思春期にさしかかった男の子にニキビができ始めると、頬やあごなどよりも「おでこ」にニキビができる人が多いのに気づきませんか?
実は思春期のニキビと言うのは、ホルモンバランスの崩れによる皮脂の過剰分泌が主な原因なのですが、その「ホルモンバランス」に大きく関わっているのは「男性ホルモン」なのです。
この男性ホルモンと言うのは俗称で、医学的には「テストステロン」と呼ばれます。

そしてこのテストステロンとは、アンドロゲンに属するステロイドホルモンの1種であり、数ある男性ホルモンの代表格として扱われています。
思春期というのは、性徴を促すためにこのテストステロンが大量に分泌されるようになる時期でもあります。
テストステロンは女性の体内でも分泌はされるのですが、やはり分泌量としては男性の方が多いので、男性の方が皮脂が過剰に分泌されるようになるのです。

というのも、テストステロンが属しているアンドロゲンという種のホルモンは、皮脂全体の約50%にあたる、トリアシルグリセロール(トリグリセリド)という物質の分泌を促進してしまうことが医学的に証明されているのです。
性別として皮脂の分泌が否応なく過剰にされる男性は、そもそもニキビのできやすいおでこに、たくさんニキビを生じさせてしまうことになるのです

間違ったスキンケアが男性のおでこニキビを悪化させる

今や男性も「肌男」を目指す人が増えるほどにスキンケアに目覚めている時代ですが、女性と比較するとスキンケアに対する知識は浅いので、まだまだ間違った基礎ケアをしている人は多いのです。
中でも男性のニキビケアで最も間違いが多いのは「洗顔」です。
男性の場合、顔はもちろんですが、身体についても洗うと言えばゴシゴシ、と言う人が未だに多いのです。
確かに皮脂が過剰にあって「テカってる」となれば、何度も顔をゴシゴシ洗いたくなるのは気持ちとしてはわかりますが、1日に何度も洗顔を行う方が、おでこを始めとするニキビには毒なのですよね。
たとえ皮脂っぽい状態であっても、顔はあくまでモコモコ泡で優しく洗うのが1番です。

また、男性用の洗顔フォームに入っていることの多い「スクラブ」ですが、おでこにニキビがある時は余計な刺激になるので、使わない方が良いですね。
男性にできていたって、おでこニキビの基本ケアは「正しい洗顔」「たっぷり保湿」にベース変わりはありません。

間違ったスキンケアを続けていると、おでこニキビは治るどころか悪化するので、おでこニキビに悩む男性は、まず自分の洗顔方法や基礎ケアの方法のチェックから始めてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る