漢方でホルモンバランスを整える!上手な選び方と使い方

test_top_18

漢方は、植物の根や茎から作られる薬。
体の弱い部分に作用してじわじわと治していくので、その場しのぎではなく、根本からニキビのできにくい体質に変えることができます。
化学的に合成された薬とはちがい、副作用が少ないところも魅力ですね。

しかし、体質に合わないものを服用したり、使い方を誤ったりすると、ニキビを治すどころか体調を崩す原因にもなりかねないので注意が必要です。
上手な選び方や使い方について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合った漢方の選び方

漢方は「虚弱体質」「のぼせ」「冷え性」など、自分の体質に合ったものを使うことが大切です。
ニキビに効果があると謳われているものだけでもかなりの種類があるので、その中から厳選して選ぶようにしましょう。

しかし、東洋医学の知識がない人が自分に合ったものを選ぶといっても、何を基準にすれば良いのか分からないですよね。
そんな時に助けてくれるのが「漢方薬局」。
カウンセリングで細かく体質や病歴、治したい症状などを聞き取り、様々な種類の原料を組み合わせてぴったりの薬を調合してくれます。

体調は日々変化していくので、新しく購入するたびに内容の見直しをすることも大切。
カウンセリングは有料な場合が多いのでお金はかかりますが、副作用を避け、しっかりニキビを治していくために、できるだけ受けるようにしましょう。
良心的なところなら、予算を確認した上でその範囲内に収まるような調合をしてくれますよ。

漢方の上手な使い方

漢方は空腹時に飲むと吸収されやすくなるので、食事と食事の間に服用するようにしましょう。
また、基本的に温めて飲むものとされているので、白湯と一緒に飲んだり、お湯に溶かしたりなどの工夫をしてみてください。
ただし、気分の悪い時は冷たい水で飲んだほうがスッキリするので、その場の状況で臨機応変に対応してくださいね。

保存する時は、アルミパックに入っているものじゃない限り、密封できる容器に入れて涼しい場所に置いておく必要があります。
自然由来の原料を使っているので、虫やカビの被害に遭わないよう気を付けましょう。
紙に包まれたものは保存できる期間が短いので、購入時に期限を確認しておくことが大切です。

漢方でホルモンバランスを整えるとニキビはどうなる?

自分の体質に合った漢方を指示通りに飲んでいると、だんだん体の冷えや頭痛、イライラ、肩こりなどが軽くなってくるのを実感できるようになります。
血行が良くなってホルモンバランスも整うので、皮脂の過剰分泌や角質肥厚が治まり、ニキビができにくくなるでしょう。

しかし、これで安心してスキンケアに手を抜いたり、生活が乱れてしまったりしては意味がありません。
ホルモンバランスは些細なきっかけで乱れやすいので、早寝早起きや運動、栄養のある食事などに気を付けるようにしましょう。
また、ターンオーバーのサイクルを崩さないため、保湿にも気を配ってください。

皮膚科で処方される、大人ニキビの予防や改善に有効な漢方

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

⇒(株)ツムラ/ドラッグストアや通販でも購入可
比較的体力がある人、のぼせや赤ら顔などの症状がある人に向く漢方で、顔の熱や炎症を抑える効果があります。
首から上にできる、とがって化膿しているニキビや赤ニキビの改善に最適です。
▼飲み方と服用期間の目安
1日2回、食前に1包ずつ服用します。
1ヶ月以上服用してもニキビが治らない場合は、使用をいったん中止し、皮膚科で医師の診察を受けましょう。
▼主な副作用
胃の不快感、吐き気、食欲不振、下痢、腹痛、発赤、発疹、かゆみなど。
▼稀に起こり得る重篤な副作用
・偽アルドステロン症(血圧を上昇させるホルモンが増えていないにも関わらず、高血圧やむくみ、体重増加、手足のしびれなどの症状があらわれることのある疾患)
・肝機能障害(黄疸、倦怠感、吐き気、食欲不振、発熱、発疹など)
▼生理中ニキビへの効果
赤ニキビの炎症を抑えるので、皮脂の増加によってニキビが悪化しやすい、生理前に服用すると良いです。
▼清上防風湯でニキビが悪化するケース
この漢方は実証(悪いものが体の中にたまることで不調になっている状態)の人に有効なもの。
そのため、虚証(体力や免疫力などの低下によって不調が起きている状態)の人が服用すると、かえってニキビが悪化してしまうことがあります。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

⇒(株)ツムラ/ドラッグストアや通販でも購入可
体力中程度(日常生活に差しさわりがない程度の体力)の人に向く漢方で、解毒作用により、化膿しやすい体質を改善する効果があります。
▼飲み方と服用期間の目安
1日2回、1包ずつを食前に服用します。
できたばかりのニキビなら比較的早い段階で良くなることもありますが、炎症を起こしたものや化膿してしまったものは、数週間~1ヶ月ほどかかるのが普通です。
▼主な副作用
胃の不快感、下痢、発疹、じんましん、眠気など。
▼稀に起こり得る重篤な副作用
偽アルドステロン症、肝機能障害
▼生理中ニキビへの効果
十味敗毒湯には血管を広げて血流を良くする作用があるので、生理期間中に乱れがちなホルモンバランスを整え、ターンオーバーをスムーズにします。
▼十味敗毒湯でニキビが悪化するケース
十味敗毒湯は虚弱体質の人には向かないので、体質に合わない人が服用するとニキビがひどくなることがあります。

ペア漢方エキス錠

⇒(株)ライオン/ドラッグストアや通販でも購入可
比較的体力のある人に向く薬で、5つの生薬の働きでホルモンバランスを整え、大人ニキビを予防・改善する効果があります。
膿や血液がたまってしこりになる「紫ニキビ」の改善にも有効。
飲みやすい錠剤タイプなので、粉末状の漢方薬が苦手という人でも使いやすいですよ。
▼飲み方と服用期間の目安
1日2回、1回4錠を食前または食間に服用します。
1ヶ月服用してもニキビが良くならない場合は、いったん使用を中止し、皮膚科で相談しましょう。
▼主な副作用
発疹、発赤、かゆみ、食欲不振など。
▼稀に起こり得る重篤な副作用
・肝機能障害
・血の巡りが良くなりすぎることによる、流産や早産
▼生理中ニキビへの効果
血の巡りが良くなるので、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌を防ぐのに効果的。
生理痛や生理不順にも有効なので、生理に関する悩みがある人にはうってつけです。
▼ペア漢方エキス錠でニキビが悪化するケース
体力が衰えていたり、体が弱かったりする人には向かない薬なので、このような体質の人が服用するとニキビが悪化する可能性があります。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

⇒(株)ツムラ/ドラッグストアや通販でも購入可
体力中程度以上で、皮膚の色が浅黒い人に向く薬。
血液循環を良くしてホルモンバランスを整え、ターンオーバーを正常化させてニキビを予防・改善します。
炎症を鎮める効果もあるので、赤ニキビができている時の服用に適していますよ。
▼飲み方と服用期間の目安
1日2回、1包ずつ服用します。
1ヶ月服用してもニキビが良くならない場合は、いったん使用を中止して医師に相談しましょう。
▼主な副作用
発疹、発赤、かゆみ、食欲不振、胃の不快感
▼稀に起こり得る重篤な副作用
・問質性肺炎(少しの運動での息切れ、空せき、発熱などの発現や持続)
・肝機能障害
▼生理中ニキビへの効果
ホルモンバランスが整うので、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌や、ターンオーバーの正常化が期待できます。
▼荊芥連翹湯でニキビが悪化するケース
荊芥連翹湯は副作用として消化器に異常が出ることがあるので、もともと胃腸の弱い人が服用するとニキビが悪化する可能性があります。
普段から胃もたれや下痢をしやすい人は、服用を避けたほうが良いでしょう。

加味逍遙散(かみしょうようさん)

⇒(株)ツムラ/ドラッグストアや通販でも購入可
体力中程度で、のぼせ感、肩こり、疲労感、精神不安、便秘のある人に向く漢方。
「お血(おけつ。体内で血液の流れが滞っている状態)」を改善し、ホルモンバランスを整えるので、ニキビの改善の他、月経異常や更年期障害の治療にもよく使われています。
▼飲み方と服用期間の目安
1日2回、1包ずつを食前に服用します。
1ヶ月服用してもニキビが良くならない場合は、いったん使用を中止して医師に相談しましょう。
▼主な副作用
発疹、発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃の不快感
▼稀に起こり得る重篤な副作用
・肝機能障害
・腸間膜静脈硬化症(腹痛、下痢、便秘、腹部膨満感などの症状が繰り返しあらわれるもの)
▼生理中ニキビへの効果
ホルモンバランスが整うので、皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。
また、ターンオーバーがスムーズになることで、毛穴を詰まりにくくしたり、ニキビ跡の原因となるメラニンが排出されやすくなったりする効果も期待できます。
▼加味逍遙散でニキビが悪化するケース
消化器に異常が出ることがあるので、もともと胃腸の弱い人が服用するとニキビが悪化する可能性があります。

漢方を皮膚科で処方してもらうことのメリット・デメリット

皮膚科で漢方を処方してもらうことの最大のメリットは、症状に合わせて別の治療法を組み合わせることができる点です。
漢方には体質を改善する効果がありますが、一般的な薬のように即効性があるわけではなく、ニキビへの効き目も比較的穏やかなので、長期戦を覚悟する必要があります。
そのため「ニキビを早く治したい」という人には物足りないケースが多く、皮膚科では患者の症状に合わせた外用薬を処方したり、ケミカルピーリングなどの治療を併用したりして対処していくのです。

また、保険が使える場合は薬代が安くなるので、経済的にも助かります。
ただし、保険で処方する漢方は万人に向けて作られたものなので、個人個人に合わせて調合した漢方に比べれば効き目が薄くなるのは否めません。

漢方を漢方薬局で処方してもらうことのメリット・デメリット

漢方薬局では保険が使えないので、カウンセリング料も含めて費用は全額自費となります。
そのため、1ヶ月分の薬代が数万円かかることもあり、病院での処方薬やドラッグストアでの市販薬に慣れている人はびっくり!
実際、経済的な理由で漢方による治療を断念するケースは少なくありません。

しかし、漢方薬局でカウンセリングを元に作られる薬は、自分の症状に合わせて生薬を組み合わせた特別なもの。
製薬会社が製造した万人向けの処方薬より効き目が高く、副作用のリスクは低くなるというメリットがあるので、薬剤師に相談しながらぴったりのものを作ってもらいましょう。
カウンセリング料の相場は1回あたり3,000~10,000円ぐらいですが、初回のみ有料のところや、回数を重ねるごとに料金が安くなるシステムを採用しているところもあります。
薬代の負担で生活が圧迫されては元も子もないので、いろいろ調べて通いやすい漢方薬局を見つけてみてくださいね。

おわりに

ホルモンバランスを整えてニキビを治すための漢方について、いかがでしたか? どんな薬にも言えることですが、漢方は自分に合ったものを使うことが大切。できるだけ漢方薬局で専門家のアドバイスを受けたほうが良いですが、市販の薬を使う場合はパッケージの表示や説明書をよく読むようにしましょう。万が一副作用が現れた場合は、使用を中止して医師に相談してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る