婦人科で受けられる女性ホルモン治療がニキビの改善に効く!

test_top_05

女性ホルモンは女性にとってなくてはならない存在。肌やボディラインを女性らしく保つ他、健康な赤ちゃんを産むためのサポートもしてくれます。しかし、女性ホルモンはデリケートでバランスが崩れやすく、それが様々な肌トラブルにつながってしまうことも。ニキビがなかなか治らない時は、単にお手入れが行き届かないのではなく、ホルモンバランスが乱れているのかもしれませんね。婦人科で受けられる女性ホルモン治療について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

婦人科での詳しい治療内容

婦人科では、主に低用量ピルを使ってエストロゲンの量を増やし、ニキビのできにくい体質にしていく方法がとられます。自分の体に女性ホルモンがどれぐらい分泌されているかは血液検査で分かるので、この機会に測ってもらうのも良いですね。ほとんどの人が低用量ピルの服用によって改善しますが、症状が重い場合やなんらかの理由でピルの使えない体質である場合には別の方法がとられることもあります。

具体的には、炎症を抑えるためのビタミンC誘導体を含む塗り薬や、美白効果のある注射(高濃度ビタミンC)などですね。塗り薬なら体質に関係なく使えるし、ニキビ跡や色素沈着は改善までに時間がかかるので、美白注射を低用量ピルと併せて使うことで治るまでのスピードを早めることに役立ちます。

ちなみに、婦人科には「産婦人科」と名のつくところもありますが、両者の違いはお産を扱うかどうか。低用量ピルはどこの産婦人科でも処方してもらえますが、それ以外のニキビ治療はしていないこともあるので、事前に確認してみましょう。

女性ホルモンの乱れがニキビに関係する理由

女性ホルモンには卵胞ホルモンである「エストロゲン」と黄体ホルモンである「プロゲステロン」があり、両者がお互いにバランスをとることで心身の健康を保っています。しかし、生活の乱れやストレスなどが原因でこのバランスが崩れ、プロゲステロンの分泌量が増えると、皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まりやすくなるのです。

プロゲステロンは子宮内膜を厚くしたり、乳腺を形成したりする大切な役割を持っていますが、男性ホルモンと似た働きをするのであまり量が多いと困ったことになります。基礎体温をつけているとホルモンバランスの乱れに気付きやすいので、体調管理のためにもぜひ測ってみてくださいね。

<基礎体温の測り方>
毎朝決まった時間(起きてすぐ)に、婦人体温計を使って体温を測定します。正常な状態であればグラフの低温期と高温期の差が明確になりますが、そうでない場合はホルモンバランスが安定していない証拠です。

女性ホルモンに優しい生活習慣とは?

女性ホルモンを安定させるには、毎日をゆったりとした気分過ごすことが大切です。栄養バランスのとれたおいしい食事をとり、夜はぐっすり眠って、適度な運動で血行を促してあげましょう。難しい場合はできることだけも良いので、心と体を労わってあげてくださいね。

そして、ストレスをためないことが最も重要です。ストレスで体調を崩すと食事がおいしく感じられなかったり、つい食べ過ぎてしまったりするし、寝つきが悪くなります。お気に入りのアロマを焚きながら映画のDVDを見るなど、自分なりの発散方法を見つけてストレスがたまらないようにしましょう。

また、女性ホルモンはピンク色を目にすると分泌されやすいので、部屋のカーテンやシーツなどをピンクにするのもおすすめです。産婦人科ではよくピンク色が使われていますが、これも女性ホルモンを安定させてお産をスムーズに運ぶためらしいですよ。

おわりに

婦人科での女性ホルモン治療について、いかがでしたか? 女性ホルモンはバランスが乱れると大変ですが、安定していると逆にいろいろな手助けをしてくれます。大人に多い顎ニキビや背中ニキビなどが治らない時は、生活習慣を整える努力をするとともに、ホルモン補充療法で分泌量を増やす工夫もしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る