妊娠初期の妊婦のニキビはいつまで?絶対治したいあご・おでこのニキビ!原因と対策

cd035621f33520eb5b1cad97efc7aefa_s
Pocket

お腹に赤ちゃんができて幸せを感じる一方で、妊娠初期はニキビや肌荒れに悩まされやすくなります。
一体なぜ、妊娠初期にはニキビができたり、かゆみがでたりと、肌の調子が変わってしまうのでしょうか?
妊娠初期のあごやおでこにできたニキビはいつまで続くのでしょうか。
そこには、妊婦さんならではの体の変化が関係しているのです。
妊娠初期のニキビや肌荒れの原因や、化粧水や皮膚科でのニキビ治療、生活習慣で行うニキビや肌荒れ対策について解説するので、ぜひ参考にしてください。

妊娠初期に肌が荒れる原因は?どうしてニキビだらけになるの?

妊娠初期に肌荒れしやすくなるのは、ホルモンバランスが変化するからです。
お腹に赤ちゃんができると、出産まで無事に守るため、体は適切な環境を整えようとします。
その際、黄体ホルモンであるプロゲステロンが増加して、子宮を居心地よく保ったり、胎盤を完成させたりするために働くのですが、実はこれがくせもの。
プロゲステロンには皮脂を分泌させる作用があるので、毛穴が詰まってニキビができやすくなるのです。
そのため、妊娠前は肌の調子が良かった人も、妊娠を機に肌荒れしやすくなるということは十分に考えられます。

いつまで続く?妊娠初期の肌荒れ

妊娠初期にニキビができると「いつまでこの状態が続くのだろう」と不安になってしまいますが、多くの場合、妊娠中期になると落ち着いてきます。
なぜなら、妊娠中期~後期にかけて、卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増えてくるから。
エストロゲンには子宮内膜を増やして赤ちゃんの居心地を良くしたり、母乳を出すために乳腺を発達させたりする役割がありますが、コラーゲンの生成を促す力もあるのです。
肌の水分量が安定すると弾力が出て毛穴が開きにくくなるので、ニキビができにくく、治りやすい肌になります。

妊娠初期にできた、あごやおでこのひどいニキビは治る?

妊娠中期になればエストロゲンの量が増えるといっても、あまりひどいニキビができると、本当に治るのか心配になってしまいますよね。
正しくお手入れをすれば自然に治っていきますが、対応を誤るとニキビが悪化したり、跡が残ってしまったりするので要注意!
つわりが起きることで肌のお手入れどころじゃなくなってしまう人もいますが、必要最低限で良いのでニキビケアもしっかりしておきましょう。

妊娠初期の肌荒れ対策その1:化粧水でうるおいを与えて乾燥を防ぐ

プロゲステロンの働きで皮脂分泌が増えると、つい脂取り紙や脱脂力の強い洗顔料などで脂をとることに意識が集中しがちです。
毛穴が詰まる原因は皮脂なのですから、このやり方は一見正しいようですが、実は逆効果。
人間の肌にはもともと乾燥を感知すると皮脂を出して補おうとする力が備わっているので、皮脂をとればとるほどかえって分泌量が増してしまうのです。
では、どうすれば良いのか?

正解は、化粧水で水分を補い、肌に「もうこれ以上、皮脂はいらないよ」と信号を送ってあげることです。
水分量が安定すれば皮脂を出してガードする必要がないので、分泌量が減り、毛穴も詰まりにくくなります。
角質層が十分な水分で満たされるとターンオーバーのサイクルが整いやすくなるので、ニキビ跡の原因となるメラニンの排出にも役立ちますよ。

▼どのような化粧水を使えば良い?

妊娠中は肌が敏感になりがちなので、あまり刺激の強いものは避けたほうが無難。
それまで使っていたものが合わなくなってしまった場合も、妊娠中だけと割り切って他のものに変えたほうが良いでしょう。
新しく選ぶなら、できるだけ添加物を取り除いた低刺激のものがおすすめ。
さらに、女性ホルモンに働きかけてくれるものであれば、肌荒れにはもってこいです。

<ラ・ミューテ エンリッチ化粧水/(株)ラ・ミューテスタイル/6,804円(税込)、定期コースなら6,124円(税込)>
公式サイト

ラ・ミューテの化粧品は、原料に「ダマスクローズ」と呼ばれるバラのエキスを使っています。
ダマスクローズは、あのクレオパトラもお風呂に浮かべたり、寝室に敷き詰めたりして使ったと言われているもので、ホルモンバランスを整える働きがあるのです。

このダマスクローズを贅沢に使い、さらにナノ化して吸収率を高めた「ナノコラーゲン」や「ナノヒアルロン酸」を配合しているので、使うたびに肌がもっちり。
パラベンや鉱物油、アルコール、合成着色料、石油系合成界面活性剤などの添加物が使われていないので、荒れやすい妊娠初期のお手入れにも安心です。
ダマスクローズの良い香りに包まれながら、リラックスして楽しくスキンケアをしましょう。

▼化粧水の上手な使い方

化粧水は一度にたくさんつけるより、少量を少しずつなじませたほうがよく浸透します
洗顔後の肌にまず500円玉大の化粧水をまんべんなく広げ、手のひらで温めてじわじわと浸み込ませましょう。
数分経つと最初の化粧水が浸透し終わるので、さらにもう一度同じ量を顔全体になじませ、ハンドプレスで温めて仕上げます。

化粧水をつけるタイミングで注意したいのが、洗顔後すぐに使うということ
洗顔後の肌からはどんどん水分が失われ、時間が経てばたつほど後からつける化粧水も浸透しにくくなるので、せっかくの保湿効果が半減してしまうのです。
エアコンなどで乾燥した室内で過ごす時も、こまめに水分をプラスして水分の蒸発を防いであげてくださいね。

妊娠初期の肌荒れ対策その2:皮膚科で治療を受ける

セルフケアでどうにかなる程度の肌荒れなら良いのですが、中にはどうにもならない頑固なニキビに悩まされる人もいます。
そんな時は、なるべく早い段階で専門家の力を借りるのがおすすめ。
妊婦さんにも刺激が少ない治療方法を提案してくれるので、皮膚科で相談してみましょう。
ちなみに、妊娠中でも可能なニキビの治療法には次のようなものがあります。

▼薬の処方

妊娠中は胎児への影響を避けるため、できれば薬は使わないほうが良いです。
しかし、スキンケアや生活習慣の改善だけでは治りにくいニキビの場合は、極力影響の少ないものを選んで処方されることもあります。
薬の効果を最大限に生かし、短期間でニキビを治すため、医師の指示に従って正しく使うようにしましょう。

<アゼライン酸クリーム>
妊娠中でも安心して使える外用薬で、副作用もほとんどありません。
人によってはピリピリとした刺激を感じることもありますが、特に心配しなくても大丈夫でしょう。
アゼライン酸クリームのニキビに対する効果は、角質が毛穴に蓋をすることを防ぐ、皮脂分泌の抑制、メラニン生成の抑制、ニキビ菌の殺菌などです。
1日2回、適量を患部に塗りましょう。

<アクアチムクリーム>
アクアチムクリームは、どうしても必要な場合に限り、最小限の使用であれば妊婦にも処方される薬。
主な副作用としては、ピリピリ感、発赤、熱感、ほてり、皮膚の乾燥などがあります。
ニキビに対する効果は、原因菌の殺菌。
1日2回の使用量を守り、大量の使用や長期間の使用は避けましょう。

<ルリッド錠>
アクアチムクリーム同様、どうしても薬によるニキビ治療が必要な場合に、最小限の範囲で処方される薬。
副作用は比較的少ないとされていますが、胃の不快感や下痢、発疹、食欲不振などの症状が現れることがあります。
また、稀にアナフィラキシーショックを起こす人もいるので、体に異常を感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。
ニキビに対する効果は、原因菌の殺菌。
1日2回、1錠ずつ服用します。

▼面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

レーザーでニキビの表面に小さな穴を開け、専用の器具を使って中に詰まった膿や皮脂などを押し出す治療法。
レーザーの熱で周辺の皮脂腺が焼かれるため、新しいニキビができにくくなるというメリットもあります。
保険が使えるので、1,000円程度で治療が受けられるのも嬉しいところです。

▼ケミカルピーリング

酸を含む薬剤を皮膚表面に塗り、古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除く治療法。
妊娠中でも受けられますが、肌が敏感になっている時期なのでトラブルが出やすく、施術を断るクリニックもあります。
保険が使えないので費用は全額自費となり、相場は1回あたり10,000円前後。
一度の施術で効果が出るものではないので、2週間に1度のペースで3ヶ月ぐらい続けるのが一般的です。

妊娠初期の肌荒れ対策その3:生活習慣を整える

妊娠中のニキビケア、肌荒れ対策として、最も安全なのはやはりこの方法。
生活習慣が乱れるとホルモンバランスが崩れ、ますますニキビができやすくなるので、早寝早起き、栄養バランスのとれた食事、適度な運動を心がけましょう。
それぞれのポイントについて説明します。

▼睡眠
ターンオーバーを促す成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、ニキビの改善・予防のためには質の良い睡眠をとることが大切です。
特に入眠後3~4時間のあたりで分泌量が増すので、最低でもそのぐらいはぐっすり眠れるようにしましょう。
近頃では寝る直前までスマホを使っている人が多いですが、こうした機器からは脳を興奮させる「ブルーライト」が放出されるので気を付けてください。

▼栄養バランスの良い食事
妊娠中にバランスよく栄養をとることは赤ちゃんの成長のためにも大切なこと。
肌荒れが気になる時は、献立の中にビタミン、ミネラル、食物繊維のとれる食材を意識して組み込むようにしましょう。

<ビタミン>
緑黄色野菜、果物、卵、乳製品、肉類、魚類など
※サプリを利用する場合は、催奇形性のあるビタミンAの取りすぎに注意!

<ミネラル>
乳製品、海藻、ナッツ類、穀物など

<食物繊維>
根菜類、きのこ類、海藻、豆類など

▼適度な運動

つわりなどで体調が悪い時にまで無理をする必要はありませんが、体調の良い時は適度に体を動かすようにしましょう。
運動をすることによって血行が促され、子宮の代謝が良くなるので、肌荒れ防止だけでなく流産の予防にも効果的です。

妊娠初期の運動として最適なのはウォーキング。
少しずつ休憩をとりながら、無理のないペースでゆっくり歩くようにしましょう。
途中で気分が悪くなった時のために、携帯やスマホ、財布、母子手帳、保険証も持ち歩くことをおすすめします。

妊娠初期の肌荒れやニキビは保湿と規則正しい生活習慣で防ぐ!

いかがでしたか?
妊娠するとホルモンバランスが崩れるのでどうしても肌荒れしやすくなり、あごやおでこのニキビに悩まされることも多くなります。
保湿を心がけ、規則正しい生活を送ることが予防・改善につながるので、できることから始めてみましょう。
セルフケアで治らない場合は、早めに皮膚科で相談してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る