ニキビ治療に使われる女性ホルモン薬とは? その効果と使い方

test_top_03

Tゾーンを中心にできるのが思春期ニキビなら、Uゾーンや背中を中心にできるものは大人ニキビ。主な原因も違っていて、思春期ニキビが汗や皮脂で肌が汚れることからできるのに対し、大人ニキビはホルモンバランスの乱れによってできる場合が多いのです。女性ホルモンは不規則な生活やストレスなどによってバランスを崩しやすいので、多忙な社会人にはどうしてもこうしたトラブルがつきまとうのですね。そんな不快感を和らげてくれる「女性ホルモン薬」について説明します。

ニキビ治療に使われる女性ホルモン薬とは?

女性ホルモン薬」は、その名の通り女性ホルモンを配合した薬です。低用量ピルのような内服薬もあれば、ニキビに直接塗って使える外用薬もあり、どのような方法で治療するかは患者さんの体質や皮膚の状態によって変わります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという異なる役目を持つホルモンが同居しており、それぞれがバランスをとることで心身を正常に動かすのですが、強いストレスを感じたり、インスタントやレトルトの食事、睡眠時間の不足が続いたりするとプロゲステロンだけが優位に働くようになってしまうのです。プロゲステロンは男性ホルモンに似ていて皮脂を過剰に分泌させてしまうので、毛穴が詰まりやすくなるのですね。

そこで、エストロゲンとプロゲステロンを絶妙なバランスで配合した薬が役立つというわけです。エストロゲンには肌の水分量を保って強くしなやかに整える力があるので、この働きがうまくいけばニキビができにくい肌になります。

男性ホルモンを抑える「抗男性ホルモン薬」とは?

ニキビ治療に使われる薬としては、女性ホルモン薬の他に「抗男性ホルモン薬」というものもあります。男性ホルモンの分泌量が多いと皮脂が出やすくなるので、これを抑えて皮脂量をコントロールし、毛穴の詰まりを解消していくというわけですね。個人差はありますが、だいたい治療開始から2週間ほどで効果を実感する方が多いようです。

ただ、この薬には生理が止まりやすくなるというデメリットがあるため、基本的に女性ホルモン薬である「低用量ピル」も併用することになります。薬代が単純に2倍になるので、予算面ではちょっときついですね。しかも、最初は薬の量を多くするケースが一般的なので、朝4錠、夜4錠で1ヶ月分12,000円ぐらいの出費は覚悟せねばなりません。しかし、症状が改善するにつれてだんだん投薬量が減り、最終的には低用量ピルと同じ1ヶ月分3,000円ぐらいに落ち着くので、根気よく治療していきましょう。

女性ホルモンを増やすことのできるサプリとは?

女性ホルモンを増やすには低用量ピルの服用が最も効果的ですが、市販のサプリの中にもこうした働きをしてくれるものがいろいろとあります。代表的な成分について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

<大豆イソフラボン>
エストロゲンと似た働きをするもので、食材では味噌や豆乳、納豆、豆腐などの大豆製品に多く含まれています。大豆製品が苦手だったり、なかなか上手に取れなかったりする人でもサプリなら手軽に摂取できますよ。

<マカ>

南米の厳しい自然の中で栽培される植物で、土の中の栄養分を根こそぎ吸い取って育つため、一度マカを栽培した土地はその後数年間使い物にならなくなると言われています。マカを配合したサプリを飲めば女性ホルモンの分泌を指示するのに必要な栄養がしっかり摂れるので、ニキビの改善に役立ちます。

<プラセンタ>
馬や羊、豚、ヒトの胎盤から抽出される成分で、乱れがちなホルモンバランスを正常に整える力を持っています。更年期障害の治療にもよく使われる成分なので、大人の女性にはもってこいのサプリですよ。

おわりに

女性ホルモン薬について、いかがでしたか? 忙しい現代人はどうしても生活が乱れがちなので、こうした薬も上手に取り入れ、しっかりニキビを治していきましょう。抗男性ホルモン薬やサプリもあるので、かかりつけの皮膚科医や婦人科医とよく相談し、自分に合った方法を選んでくださいね。どの薬にも多少の副作用が起きる可能性があるので、使い方をきちんと守ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る