女性ホルモンでニキビを治療! ホルモン治療とは?

test_top_04
Pocket

女性は生理前になるとニキビができやすくなりますが、これは赤ちゃんを迎える準備を整えるため、子宮内膜を厚くする力を持つ「プロゲステロン」の分泌量が増えるためです。プロゲステロンは女性ホルモンの一種ですが、男性ホルモンと同じ作用を持つため、皮脂分泌が多くなってしまうのですね。ですから、ニキビ治療には女性ホルモンをコントロールする治療が非常に有効。その詳しい内容について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

ホルモン治療ってどんなもの?

女性ホルモンには黄体ホルモンである「プロゲステロン」の他に、卵胞ホルモンである「エストロゲン」というものがありますが、これは皮脂分泌を過剰にさせてしまうプロゲステロンとは違い、肌をしっとりさせて良い状態を保つという力を持っています。さらに、男性ホルモンが優位になるのを防ぐ作用もあるので、外部からエストロゲンを補給することでニキビの予防・改善に役立つのです。これを「ホルモン治療」と呼びます。

エストロゲンを増加させるホルモン治療の方法としては低用量ピルの服用が有名ですが、女性ホルモンを含む軟膏を塗ってニキビを治す外用薬も多く使われています。どちらか片方でも良いですが、低用量ピルと外用薬を併用することでより治りが早くなるので、併せて処方されることも珍しくありません。

低用量ピルって体への悪影響はないの?

「ピル」というと、副作用が起きやすい怖い薬というイメージを持つ人も少なくないようです。確かに、ピルを服用することによって血栓ができやすくなったり、頭痛や吐き気、不正出血などが起こりやすくなったりする可能性はゼロではありませんが、ホルモンの量を抑えた低用量ピルなら正しく使えばほとんど心配はいりません。以前は中高用量ピルが主流だったので、副作用が問題になりやすかったのですね。

ただし、次のような条件に当てはまる場合は、副作用が出やすいので低用量ピルを服用することはできません。ピルは通信販売でも購入できますが、使い方を誤ると命の危険にも関わる薬なので、くれぐれも勝手な判断で使わないようにしてください。

<低用量ピルを使った治療に向かない人>
・年齢が35歳以上で、1日15本以上のタバコを吸う人
・妊娠中または授乳中の人
・これまでに血栓のできたことがある人
・血圧の高い人

<低用量ピルを使うのに注意が必要な人>
・年齢が40歳以上の人
・太っている人
・血栓症になったことのある血縁者を持つ人
・タバコを吸う人
・婦人科系疾患のある人

ホルモン治療を受けるとニキビはどうなる?

ホルモン治療を受けることで皮脂の過剰分泌が抑えられ、うるおいも増すようになるので、できてしまったニキビは治りやすく、新しくできるニキビは防ぐことが可能になります。なんといっても根本的な原因を失くしてしまうので、トラブルに強い肌を作れるのが嬉しいですね。

ただ、ホルモン治療には健康保険が使えないので、検査代や薬代が全額自費になります。低用量ピルは1ヶ月分3,000円、初診での検査代は数千円で済むこともあれば1万円以上の負担になることもあるので、HPなどをチェックして情報を集めましょう。定期的な検査が必要なので、通いやすい場所にあるかどうかも重要です。

おわりに

ニキビができやすいかどうかは体質によって変わるので、女性ホルモンをコントロールする治療は非常に有効です。ただ、低用量ピルは誰でも使えるわけではないので、勝手な判断で購入せず、必ず医師の診察を受けてから服用するようにしてください。ホルモン治療によってニキビのできにくい体質になるので、普段の生活にも気を配ればすべすべの素肌を保つことは決して夢ではありませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る