漢方で女性ホルモンのバランスを整えて大人ニキビを治そう!

test_top_01

どうして大人ニキビの治療に漢方が注目されるようになっているのでしょうか。
女性の体は「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンと「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンのバランスによってコントロールされています。
これらを総称して「女性ホルモン」と呼びますが、不規則な生活やストレス、加齢などによってバランスが乱れやすく、それがニキビにもつながってしまうのです。
そこで心強い味方になってくれるのが、体の弱い部分を根本から治してくれる漢方なのです。

漢方の効果や、上手な使い方を説明するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性ホルモンとニキビの関係

ニキビは生理前にできやすくなりますが、これは黄体ホルモンである「プロゲステロン」の分泌量が増えるからです。
プロゲステロンには受精卵が着床しやすい環境を整えるという役目があるので、分泌量を増やして赤ちゃんを迎える準備をするのですね。

プロゲステロンが増えると皮脂の分泌量が多くなり、毛穴が詰まりやすくなったり、肌が不潔になりやすくなったりします。
特に、生活が不規則な人やストレスを多く抱えている人はこの状態がひどくなりがちなので、意識して規則正しい生活を送るようにしましょう。

ホルモンバランスが整うと黄体ホルモンの過剰分泌が抑えられるし、生理後に分泌される「エストロゲン」の分泌量が増えます。
エストロゲンにはコラーゲンの生成を助けて肌をしっとりさせる力があるので、ニキビの原因となる乾燥を防ぐことに役立ちますよ。

女性ホルモンを整えてニキビを治す漢方を選ぶ!

<当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)>
体力が乏しく、冷えや貧血のある人に向く漢方で、血行を良くして女性ホルモンのバランスを整えることに役立ちます。漢方では血が滞ることによってニキビが現れるという考え方なので、この薬はよく治療に使われています。

<桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)>
比較的体力が充実している人に向く漢方で、女性ホルモンの乱れによって現れる「血の道症(イライラなどの症状)」を抑え、ニキビを改善に導いてくれます。PMSや更年期障害などの女性特有の症状に悩む人によく処方されています。

<温清飲(ウンセイイン)>

日常生活が普通に送れる程度の体力がある人に向く漢方で、血液循環を良くして女性ホルモンのバランスを整える効果があります。肌が潤うようになるので、乾燥に悩む人にもうってつけ。赤みやかゆみを伴う大人ニキビの改善にも役立ってくれますよ。

漢方薬の効果的な飲み方

<購入方法>
漢方薬は薬局や通信販売でも手軽に買うことができますが、自分の体の状態に合わないものを使うと副作用が出たり、求める効果が得られなかったりするので注意が必要です。
ちょっと面倒ですが、漢方薬局で専門家に相談し、その都度ぴったりなものを処方してもらったほうが安心ですよ。

<飲み方>
漢方薬は胃が空っぽの状態で飲んだほうが効き目が良くなるので、食後の服用はできるだけ避けます。
また、冷たい水で飲むよりぬるま湯で飲んだほうが吸収が良いので、白湯を用意しておくと良いでしょう。
ただし、気分が悪い時には白湯のにおいや温度が辛いこともあるので、その場合は無理せず水で服用してください。

<保管の仕方>
天然の成分によって作られている漢方は変質しやすいので、直射日光の当たらない冷暗所で保管するようにしましょう。
顆粒状のものは、湿気からも守る工夫も必要です。使い残した場合は、虫が入り込まないよう口をしっかり密封しておきましょう。

おわりに

ニキビを防ぎ、しっとり・すべすべのお肌を維持するためには、女性ホルモンのバランスをコントロールすることが大切です。
漢方を使って体調を整え、規則正しい生活を送るようにしましょう。
ストレスや不眠もホルモンバランスを乱す原因になるので、できるだけ穏やかに過ごすことも大切ですよ! 漢方を購入する際は、専門家のアドバイスを受けてぴったりなものを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る