夏に起こる肌荒れや乾燥!トラブル対策きちんとできてる?

download21
Pocket

夏なのに肌がカサカサ乾燥したり、吹き出物ができたりしていませんか?
暑くて暑くて過ごしにくくなる夏は、肌荒れしやすいのに日焼け対策にだけ意識が集中してしまいがち。

どうして夏に肌荒れしやすいのか、肌荒れの原因と対策方法をまとめました!
トータルスキンケアで夏に負けないお肌を手に入れましょう!

夏の「乾燥」が肌荒れを引き起こしていた!

download19
夏は湿度が高いので、他の季節に比べると肌もしっとり潤うイメージがあります。
それなのになぜかカサついてしまうのは、エアコンの風で室内の空気が乾燥したり、紫外線によって肌の水分が奪われてしまったりするからです。

肌表面に触れた時、潤っているように感じても、それは汗や皮脂でそう感じるだけで、肌内部の水分量は足りていないかもしれません。
この状態を「インナードライ」と呼びますが、放っておくと乾燥をカバーしようと皮脂がどんどん出るようになるので、ニキビや毛穴の開きにつながってしまいます。

また、汗やほこりを落とそうとしてゴシゴシと洗顔をしたり、油分の補給を怠ったりするのも良くありません。
肌に摩擦が起きればこれも乾燥の原因になるし、夏だからといってスキンケアを化粧水だけで済ませると、足りない油分を補うために皮脂が過剰分泌されてしまうからです。

<夏の乾燥対策のポイント>
・エアコンの使い方を工夫する
・紫外線ケアをしっかりする
・お肌の角質層までたっぷり水分を届ける


▼エアコンで、暑さも乾燥も防ぐには?

オフィス、自宅、車の中……夏は行く先々でエアコンを使うことが多いですが、暑いからといって、風を直接素肌に当てるような使い方をしていませんか?
風に当たっている時はとても気持ちが良く、汗も引いて快適ですが、気づかないうちに肌の水分はどんどん失われていきます

エアコンを使う際は羽の位置を調整し、風が直接当たらないように気をつけましょう。
扇風機を併用して室内の空気をうまく循環させると、室内の温度が早く下がり、エアコンの使用時間を短くすることができますよ。

ただ、オフィスでは自分の都合でエアコンを操作するわけにはいかないので、個人個人で対策をすることが必要となります。

メイクの上からでも使える保湿剤(ミスト状の化粧水、ジェル、オイルなど)を使ったり、しっかり水分を摂って体の中から水分を補給したりするなどの工夫で乗り切りましょう。

▼ケチったらダメ!紫外線ケアのポイント
夏の紫外線対策の主役といえば日焼け止め。
クリーム、ジェル、スプレーなどいろいろなタイプがありますが、実は使う量が全然足りていないことも多いので注意が必要です。
顔全体をカバーするのに必要な日焼け止めの量は、だいたい500円玉1個分

手のひらに出してみると、意外と多く感じます。
しかし、これぐらいの量をムラなく塗らないと日焼け止めの効果が半減してしまうので、すっぴんで過ごす時は化粧水や乳液の後、メイクをする際は下地の前にしっかり塗っておきましょう。

さらに飲むタイプの日焼け止めも併用すると、体の中からも紫外線ケアができて安心ですよ。

▼お肌の角質層までたっぷり水分を届けるには
顔の洗いすぎ、摩擦、刺激の強いクレンジング剤は、乾燥の原因になるので要注意です。

マイルドな使い心地の洗顔料やクレンジングを選び、できるだけ肌をこすらないようにしながら、優しく汚れを落とすようにしましょう。
化粧水や乳液は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものを使ってください。

また、化粧水だけでは乾く時に肌に必要な水分も失われてしまうので、よほどのオイリー肌でない限り、乳液やクリームなどで油分も与えることが大切です。
ただし、使う量はカサつく部分とベタつく部分で調整しましょう。

夏のザラザラぶつぶつ肌は汗が原因!

33582119914_9e2eb1432f_z
室内にいる時はエアコンで涼しく過ごせても、1歩外に出れば汗が噴き出して大変なのが日本の夏。

もちろん、部屋の中でも、仕事や家事で忙しく動き回れば、体中から汗が噴き出して顔や背中がベトベトになってしまいますよね。
すぐにシャワーを浴びたり、拭き取ったりできれば良いのですが、それも難しく、放置すると肌にかゆみ、ザラザラ、ぶつぶつなどのトラブルが出るので困ります。

なぜなら、汗は時間が経つとアルカリ性に変わってしまうから。

人間の肌と汗はもともと弱酸性で、適度な量の汗なら天然の美容液として肌を守ってくれますが、放置すると汗の成分が変質し、雑菌が繁殖しやすく刺激を感じやすい状態にしてしまうのです!

<夏の汗対策ポイント5つ!>
・かいた汗はこまめに拭き取る
・汗取りインナーを活用する
・汗腺を鍛える
・ダイエットをする
・メイク方法に工夫をする


▼外出先でも簡単に汗を拭きとる方法

自宅やスポーツジムでかいた汗ならシャワーを浴びることで落とせますが、外出先ではそうもいきません。
そんな時は、持ち歩き用のデオドラントシートを活用しましょう!
拭き取るだけなので短時間で汗をオフすることができるし、抗菌効果のあるものならニオイ対策にもバッチリです。
汗を拭きとった後は、制汗剤を塗っておきましょう。

▼着るだけで汗対策になるインナー
かいた汗を素早く吸い取り、さらっとした状態を長持ちさせてくれる汗取りインナーは、脇や背中の汗ジミ対策としても有効です。
さらに、抗菌防臭作用のあるものなら、嫌なニオイや肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

ベージュのインナーを選べば、白いシャツを着た時にブラが透けなくなりますよ。
いつもの洋服の下に1枚着るだけなので、手間がかからないところも魅力ですね。

▼汗腺を鍛えて質の良い汗をかけるようにする
汗腺は体中に散らばっていますが、あまり汗をかかないでいると徐々に機能が衰えます

その結果、ニオイがきつくてベトベトする「質の悪い汗が出やすくなったり、暑くても汗がかけず、体内に熱がこもりやすくなったりするのです。

でも大丈夫!
汗腺は鍛えることで機能を回復させられるので、次のような工夫をしてみましょう。

・シャワーだけで済ませず、ぬるめのお風呂に浸かってしっかり汗をかく。入浴後はエアコンを使わず、裸で汗をかくままにして自然に体温を下げる
・適度な運動をする(負荷の少ない有酸素運動で、じっくり汗をかくのがおすすめ)
・岩盤浴をする

177de6bcb915c4a3217020d3ea4add05_s

▼ダイエットをする
太っている人は痩せている人よりも汗をかきやすいですが、これは皮下脂肪が厚く、体内の熱をうまく外へ逃がすことが困難だからです。

熱がこもると熱中症になってしまうので、体は汗を大量に出すことでなんとか体温を下げようと頑張るわけですね。
健康的に痩せる基本は、栄養バランスとカロリーを考えた食事、そして運動です。

食べる量を減らせば一時的に体重は減りますが、体が飢餓感を感じることでエネルギーを貯め込みやすい体質になり、結局リバウンドしてしまうので、食事はしっかりとりましょう。

▼汗で崩れにくいメイクのポイント
夏のメイク崩れを防ぐには、スキンケアで肌の状態を整えておくことが大切です。
水分が足りないと皮脂が余分に出て、肌荒れの原因にもなってしまうので、洗顔と保湿ケアをしてからメイクに取りかかるようにしましょう。
さらに、次のようなポイントを押さえておくと効果的です。

・顔のムダ毛を処理し、下地やファンデーションを密着しやすくする
・化粧下地を塗りすぎない
・仕上げに皮脂を吸着する効果のあるフェイスパウダーを使う

ホルモンバランスの乱れも肌荒れのもと!夏こそきちんと整えましょう

download18
暑い夏は、ついダラダラして生活習慣も乱れがち。
夜更かし、栄養バランスの悪い食事、運動不足、ストレスなどが続くと自律神経がうまく働かなくなり、ホルモンバランスが崩れてしまうので気をつけましょう。
ホルモンバランスが崩れると、皮脂が過剰分泌されてニキビや吹き出物ができやすくなったり、肌が乾燥しやすくなったりします。
改善策を紹介するので、思い当たることのある方は試してみてください。

<質の良い睡眠で成長ホルモンを分泌させる>
入眠後3~4時間に多く分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーに欠かせない重要なものです。
しかし、寝る時間が十分でも、ノンレム睡眠がきちんとできていないと眠りが浅くなり、成長ホルモンはしっかり分泌されません
寝具、パジャマ、部屋の温度や湿度などに気を配るとともに、半身浴やヨガで心身をリラックスさせ、快適に眠る準備を整えましょう。
寝る前にスマホを触る習慣のある人も多いと思いますが、こうした機器からは脳を興奮させるブルーライトが出るので、遅くとも寝る30分前には使用をやめるようにしてください。

<女性ホルモンアップに役立つ栄養素>
・イソフラボン/大豆製品に多く含まれる栄養素。エストロゲンが不足していればこれを補い、過剰になっていればその働きを抑えてホルモンバランスを整える。

・リコピン/トマトに多く含まれる栄養素。生のものより、ケチャップなどの加工食品のほうが含有率は高い。

・ビタミンE/ナッツ類、植物油、緑黄色野菜、魚卵などに多く含まれる栄養素。血行を促したり、活性酸素を除去したりして、ホルモンバランスを整える。

<適度な運動で血行を促進する>
ジョギング、ウォーキング、水泳、エアロバイク、縄跳びなどの有酸素運動には、血行を促したり、ストレスを解消したりする効果があります。
心地よい疲労感を得られるので、不眠症の改善にももってこい。
1日30分で良いので、楽しくできそうなものを選んで体を動かしてみましょう。
運動をする時間がとれそうにない時は、通勤の途中で歩く時間を増やしてみたり、なるべく階段を使うようにしたりするだけでもOKです。

<ストレスはこまめに発散させる>
イライラや緊張、不安が続くと、この状態から体を守るため、脳の視床下部から「交感神経を優位にせよ」という命令が出ます。
交感神経は気持ちを昂らせたり、皮脂の原因となる男性ホルモンを分泌させてしまったりするので、ストレスがたまると肌荒れしやすくなるのですね。
ストレスを感じたら、趣味に熱中する、気のおけない友人に話を聞いてもらう、たっぷりと休養をとるなどの工夫で、こまめに発散させるようにしましょう。
恋愛ものの映画やドラマを見たり、ピンク色のものを周りに置くようにしたりするのも、女性ホルモンの分泌量を増やすのに役立ちますよ。

夏のスキンケアのポイント

489b44fa6fd27140d9ee78fa12d17d6a_s
<洗顔>

普段は水やぬるま湯だけで朝の洗顔を済ませている人も、夏はきちんと洗顔料を使って洗いましょう。
なぜなら、夏は寝ている間にたくさんの汗をかき、皮脂も出やすくなっているから。
このままの状態でメイクをすると汚れを塗り込めてしまうことになり、肌荒れにつながるので気を付けてください。

▼正しい洗顔方法
1. 石鹸で手をキレイに洗い、雑菌を落としておく。
2. 32度ぐらいのぬるま湯で顔全体をすすぐ。これ以上高い温度になると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので注意。
3. 刺激の少ない洗顔料をよく泡立て、脂っぽい部分から泡を転がすようにして洗う。決してゴシゴシこすらないこと!
4. キレイなお湯に取り替えながら、最低でも30回はすすいできちんと洗顔料を落とす。
5. 柔らかいタオルで、上からそっと押さえるようにして水気をとる。


<化粧水>

洗顔後は肌の水分が蒸発しやすくなっているので、時間をおかず、すぐに化粧水をつけるようにしましょう。
うまく浸透させるコツは、少量ずつを数回に分けてなじませることと、ハンドプレスで肌を温めることです。
指が肌に吸い付き、もっちりとした感触になったら、水分がしっかり行き渡った証拠。
乾燥が気になる時は、コットンパックをすると良いでしょう。

▼コットンパックの仕方
1. コットンを半分に裂き、化粧水をたっぷり染み込ませる。
2. 乾燥が気になる部分に置き、そのまま10分程度おく。時間が長すぎると、逆に肌の水分がコットンに吸われてしまうので注意。
3. ハンドプレスで仕上げる。


<乳液またはクリーム>

普通肌~オイリー肌なら乳液でも良いですが、乾燥が気になる時は、さらに油分と美容成分を多く配合したクリームがおすすめです。
表面がベタつくように思えても、洗顔後に何もつけない状態でいると肌が突っ張る人は肌内部が乾燥しているので、しっかりうるおいを与えてあげるようにしましょう。

▼夏に使いやすいクリーム選びのポイント
・セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている
・ベタつきにくい処方である(たとえば、ニベアなら青缶よりも「ニベアソフト」を選ぶ)
・美白効果がある
・肌の炎症を鎮める効果がある
・敏感肌でも使える処方である(夏は肌がピリピリしやすいため)

夏の肌トラブルのケア方法

download20
<手持ちのアイテムを見直す>

かゆみ、ザラザラ、ぶつぶつなどのトラブルが出てしまったら、使っているスキンケア化粧品やメイク用品の見直しをしてみましょう。
開封から時間がたっているものは雑菌が繁殖している可能性があるし、スクラブ入りなどの刺激が強いものは肌荒れの原因になります。
メイクに使うスポンジやブラシも、こまめに洗って清潔を保ちましょう。

<摩擦や紫外線による炎症を鎮める>
炎症が起きている時は、まず肌を冷たく冷やしてほてりを鎮め、それから刺激が弱く保湿効果の高い化粧品でお手入れをしてください。
かゆみが強い時は、冷やしたり、かゆみ止めのクリームを塗ったりすると楽になります。
炎症がなかなか治まらない時は、それ以上悪化させる前に皮膚科で診てもらいましょう。

<角質ケアは大事!でもほどほどに>
肌がくすんで見えたり、ザラザラやぶつぶつができたりする時は、夏のダメージから肌を守るため、皮膚表面に角質が溜まっている可能性があります。
この場合は、ピーリングやゴマージュなどのケアで古い角質を取り除いてあげることが必要。

ただし、刺激を与えるとかえって肌の防衛本能を高めてしまうので、週1~2回のスペシャルケアに止めましょう。

夏の肌荒れは正しいお手入れとホルモンバランスの安定で防ぐ!

夏に肌トラブルが出やすい原因や、その対処法について説明しましたが、いかがでしたか?
汗、皮脂、紫外線といった夏特有の現象に加え、過ごしにくいことから発生するイライラや不眠、食欲の低下なども肌に深刻なダメージを与えます。
規則正しい生活と、丁寧なスキンケアで美肌を守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る