乳液を使うとニキビが悪化する!?逆効果にしない上手な使用方法、化粧水や乳液の選び方とは?

m020100
Pocket

鏡を見た時、顔にぽつんとできていると、なんともいえない気持ちになるニキビ。
思春期特有ものかと思いきや、大人になってから悩まされる人も少なくありません。それは、大人ニキビの原因が、乾燥やターンオーバーの乱れによるものだから。
乳液は、化粧水と並んでスキンケアには欠かせないアイテム。肌の乾燥もニキビの原因となるので、乳液でしっかり水分を閉じ込め、油分を与えてあげることは大切です。しかし、中には乳液を使うことで、余計に症状が悪化してしまうケースも……。
肌質に合わせた選び方や使い方に、ニキビを作らせない肌に整える化粧品の選び方や効果的な使いかた、おすすめ商品について説明します。

ニキビができている肌にこそ、乳液が必要

ニキビは皮脂によってできるもの、というイメージが強いせいか、それ以上肌が脂っぽくなることを気にして乳液を使わない人もいます。
しかし、化粧水しか使わずにいると肌の水分が蒸発し、乾燥が進んでターンオーバーが乱れるので、角質が厚くなって毛穴をふさいでしまうのです。

こうなると、ふさがった毛穴にニキビの原因であるアクネ菌が増殖するので、乾燥させて治すどころか余計に悪化させてしまいます。

また、人間の肌は乾燥しているなと感じると、これをカバーするためにどんどん皮脂が出るようにできています。
皮脂はアクネ菌の大好物なので、この状態が続けばやはりニキビが悪化してしまうことに。
つまり、保湿に気を配ることがニキビケアの第一歩なのです。

オイリー肌以外は乳液を使う必要がある

もともとの体質や生活習慣によって、外から油分を補わなくても十分に肌がうるおっている肌質のことを「オイリー肌」と呼びますが、この場合は特に乳液は必要ありません。
すでに油分過多の状態なので、これ以上重ねたら逆にニキビの原因になってしまいます。

しかし、同じオイリー肌でも、油分は足りているのに水分は足りないという「インナードライ」の人は別。
肌内部が乾いてしまっている状態なので、化粧水で水分を与えたら、上から乳液を重ねてバリア機能を高めてあげねばなりません。
ちなみに、インナードライを放置すると、乾燥をカバーしようとしてどんどん皮脂が出てくるので気を付けてください。

化粧水の後で乳液を使ってふたをすれば、表面にバリアができて水分をしっかり閉じ込めることができるので、ニキビに悩む人こそ使いましょう。
大切なのは、肌に負担をかけない乳液の選び方。
肌に合ったものを正しく使えばトラブルも出にくいし、しなやかさが戻ってニキビができにくくなります。

保湿ケアの基本・化粧水の選び方

ニキビ肌におすすめなのは、セラミドを配合した化粧水や乳液。
親油性があるので肌の表面が脂っぽくてもしっかり浸透し、肌の水分量とバリア機能を高めてくれるので、使い続けるうちにだんだん毛穴が詰まりにくい肌に変わっていきます。
また、ニキビができている時は「さっぱりタイプ」の化粧水を選びたくなりますが、さらっとしている分保湿力が弱いので、肌に必要な水分を十分に補うことができず、乾燥の原因になってしまいます。

ただし、運動などで汗をかくことが予想される時は別。汗をかいた状態が長く続くと角質層がふやけてしまうので、ここへさらにしっとりタイプの化粧水を使うと角質が剥がれやすくなる危険性があります。

普段のお手入れにはしっとりタイプ、汗をかく時にはさっぱりタイプと使い分け、肌のコンディションをうまくコントロールしましょう。

<汗をかいた時の対処法>
外出先で汗をかき、すぐに洗い流せないという場合は、濡らしたハンカチやガーゼでこまめに拭き取りましょう。
一度使ったものは雑菌が繁殖しやすくなっているので、暑い日は何枚か替えを持っていくと良いですね。

そして、帰宅したらなるべく早く洗顔し、化粧水と乳液をつけましょう。
「少しぐらいいいや」と夜まで放っておくとアクネ菌が繁殖してしまうので気を付けてください。不潔な状態のタオルを使うのもNGです!

ニキビを防ぐ、化粧水の正しい使い方

① まずは、正しい洗顔で顔の汚れを取り除きます。洗顔の前には石鹸で手を洗い、雑菌が顔にうつらないようにしましょう。

② 手のひらに100円玉ぐらいの量の化粧水をとり、手で広げて温めてから肌につけていきます。ゴシゴシこするとそれがまた乾燥の原因になるので、手で軽く押さえるような感じでつけてください。

③ 化粧水をつけたら、上からハンドプレスをして10~15秒間、じっくり浸透させます。指が肌に吸い付くような感覚になるまで、手順②と③を数回繰り返しましょう。1度にたくさんつけるより、このほうが浸透させやすいです。

④ もっちりとした感触になったら、上から乳液をつけて仕上げます。

<お風呂上りは、時間との勝負!>
お風呂から上がった時、まずゆっくり髪や体の水分を拭き取ってから化粧水をつけるという人は要注意!
そうしている間にどんどん肌から水分が蒸発していきます。

まずは顔の水分を清潔なタオルで優しく拭き取り、とりあえず1回目の化粧水をつけてしまいましょう。肌になじむまでの時間を利用して他のことをすれば、2回目、3回目となじませるうちにもちもち肌が完成します。

ニキビができている時、避けたほうが良い化粧水の特徴とは?

<10代向けのニキビ用化粧水>
この年代向けに作られたニキビ用の化粧水は、皮脂を抑えることと殺菌を目的に作られているので、大人の肌に必要な保湿力が足りません。ずっと使い続けていると肌が乾燥してしまうので、大人向けのものを選びましょう。

<アルコールを含むもの>
アルコールには肌の引き締め作用があるため、さっぱりタイプの化粧水や拭き取り用化粧水に配合されているケースが多いです。しかし、肌に必要な水分まで蒸発させてしまうので、乾燥の原因になります。

ニキビができている時の乳液の使い方と選び方

ニキビができている時も、基本的に乳液の使い方は同じです。
洗顔で清潔にした肌に化粧水を浸透させ、上から乳液を重ねて水分の蒸発を防げば良いのです。
しかし、どんなタイプの乳液でも良いというわけではないので、もし、お手入れを済ませた後で顔がベタついているのなら、肌に合っていない可能性大。
別の商品に買い替えることも検討してみましょう。

ニキビ肌にも優しい乳液の選び方

ニキビ肌に必要な乳液の条件は「保湿力が高いこと」と「肌への刺激が少ないこと」の2つ。
これを満たしてくれるのが「セラミド」という成分で、細胞と細胞をしっかりくっつけることで水分が流れ出るのを防ぎ、ニキビに余計な刺激を与えることなくうるおいを保ってくれます。

<セラミドの種類>
セラミドにはいくつかの種類があるので、乳液を選ぶ時はどのタイプのセラミドが配合されているのかを確かめることも大切です。
ニキビ肌におすすめなのは「ヒト型セラミド」と呼ばれているもの。
私たち人間の体内に存在するものとほぼ同じ化学構造を持っているので、肌にすっとなじんで浸透し、角質層の水分量を高めてくれます。

気になるニキビ跡にも乳液が活躍!

ニキビが赤ニキビや黄ニキビにまで進んでしまうと、炎症によって周辺組織にダメージが起き、ニキビ跡ができてしまう可能性があります。
一度できたニキビ跡は薄くするのが難しく、目立つので「もっと早く治しておけばよかった」と後悔する人も少なくありません。

レーザーやピーリングなどの治療を受ける方法もありますが、最も大切なのは、肌の水分量を高めてターンオーバーを正常化させること。
残念ながらクレーター状になってしまったニキビ跡を自分で治すのはほぼ不可能ですが、赤や茶色のニキビ跡なら薄くすることは十分に可能です。

そこで活躍するのが乳液。
セラミドなどの保湿成分を含むものでコツコツお手入れしていけば、ターンオーバーによって細胞が入れ替わり、古い角質やメラニンが剥がれやすくなって、だんだんニキビ跡が目立たなくなります。

ニキビの予防・改善に役立つ、おすすめの化粧品

<ラ・ミューテ/(株)ラ・ミューテスタイル>

p154_set
ターンオーバーを乱す原因となる「ホルモンバランス」に着目した化粧品。気持ちをリラックスさせ、ホルモンバランスを整える効果のある「ダマスクローズ」から抽出した成分を配合しています。バラ特有の香りで、使うたびに気持ちが穏やかになるという効果も。

▼ラ・ミューテ エンリッチ化粧水/6,804円(税込)
一般的な蒸留法に比べ、約3倍の美容成分を含む「熟成ダマスクローズウォーター」を配合した化粧水。また、ナノ化した保湿成分が肌の隅々にまでうるおいを届け、肌をしっとりと保ちます。

▼ラ・ミューテ アドバンス保護美容液/7,884円(税込)
細胞間脂質と皮脂膜の成分を肌に近い状態で配合し、バリア機能を高める美容液。プラセンタやヘキサペプチド-3などの働きで、肌内部の水分量を高め、ハリと弾力を取り戻します。

 

<ヒフミド/(株)小林製薬>

08051006_55c1619489f17
他の種類のセラミドに比べて約3倍の保湿力を持つ「ヒト型セラミド」を配合した化粧品。スムーズに角質層まで浸透し、肌内部の水分量を増やして、バリア機能を高めます。

▼ヒフミド エッセンスローション/120ml:3,240円(税込)、180ml:4,644円(税込)
角質層のすみずみまで保湿成分が行き渡り、ニキビ予防はもちろん、乾燥による小じわも目立たなくしてくれる化粧水。

▼ヒフミド エッセンスミルク/4,860円(税込)
肌の油分と水分のバランスを整え、ふっくらやわらかに仕上げる乳液。

 

<エトヴォス/(株)エトヴォス>

566_1
「エトヴォス」は、皮膚科学を研究する医学博士が監修する化粧品。「肌本来の力を高めるスキンケア」を目指し、研究と開発を続けています。ニキビ対策には「バランシングライン」というシリーズがありますが、同時にシミやソバカス、キメまでのトータルケアが可能です。

▼薬用アクネVCローション/4,104円(税込)
進化型のビタミンC誘導体「VCエチル」で肌への浸透力と持続力を高め、甘草エキスが敏感な肌を優しくいたわってくれる化粧水。気になるニキビ跡のケアにも最適です。
また、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ「リピジュア」の働きで肌にしっかり水分を蓄え、植物性プラセンタがハリと弾力を与えてくれます。

▼バイタライジングローション/5,184円(税込)
「ヒト型セラミド」や「アルガン幹細胞エキス(肌細胞の生まれ変わりを助ける成分)」を配合し、ハリとツヤのある肌へ整える化粧水。ヒアルロン酸やリピジュアなどの保湿成分の働きも手伝って、正常なターンオーバーが促されます。

 

<アヤナス/(株)decencia>

K048
「アヤナス」は、一般的なセラミドの4倍の浸透力を持つ「セラミドナノスフィア」を配合した化粧品。ナノサイズ化した「ヒト型セラミド」がぐんぐん浸み込み、肌内部をたっぷりのうるおいで満たします。

▼アヤナス ローション コンセントレート/4,860円(税込)
ナノサイズ化したヒト型セラミドと、20種類の美肌成分が肌にうるおいとハリを与える化粧水。「スキンフィットモイスチャー」が呼び水の役割を果たし、水を弾きやすい肌にもすっとなじみます。

アヤナス エッセンス コンセントレート/7,020円(税込)
「セラミドナノスフィア」と「アミノコンプレックス(天然保湿因子の主成分であるアミノ酸を5種類合わせた保湿成分)」が肌にうるおいを与え「EV酵母エキス」が表皮細胞の成長を促す美容液。
「コウキエキス」と「シモツケソウエキス」の働きで、糖化(食物から取り入れた糖分と体内のたんぱく質が結びつき、黄ぐすみを発生させる現象)による、くすみやたるみのケアも可能です。

 

<モーニュ/(株)スイスロワール>

item-4-mobile
「モーニュ」は、ニキビ肌にも優しい、無添加にこだわった化粧品。特許を取得したこんにゃく由来のセラミドである「加水分解コンニャク根」は、米や小麦と比べて7~15倍ものセラミドを含んでいます。

▼ナチュラルエッセンスローション/3,024円(税込)
とろみのある化粧水が、スーッとなめらかに伸びて肌になじみ、たっぷりの水分を与えてくれます。植物性なので、刺激に敏感になっている肌も優しくケア。

▼モイスチュアミルク/3,024円(税込)
しっかりとうるおうのに、ベタつかないさらっとした感触の、使いやすい乳液です。界面活性剤を使用していないので、他のメーカーの乳液が肌に合わなかった人にもオススメ。

大人ニキビと深く関わる「ホルモンバランスの乱れ」とは?

大人ニキビの発生には実にいろいろな要因が複雑に絡み合っており、化粧水や乳液でお手入れをしただけでは防ぐことができません。
特に問題となりやすいのがホルモンバランスの乱れ。次のような原因でバランスを崩しやすいので、チェックしてみてください。

<睡眠不足>
入眠後3時間ぐらいで分泌され始める成長ホルモンには、ターンオーバーを促す働きがあります。
まとまった睡眠をとりにくい時でも最低3時間はよく眠ることが必要。質の良い睡眠で、成長ホルモンが分泌されやすい環境を整えましょう。

また、睡眠不足が続くと自律神経に乱れが生じ、これがエストロゲンの分泌量を減少させます。
エストロゲンには、肌のバリア機能を強化して水分量を保ったり、皮脂の過剰分泌を抑えたりする働きがあるので、量が減ってしまうとどうしてもニキビができやすい状態に。
さらに、ホルモンバランスが乱れている時には皮脂を分泌させるプロゲステロンの分泌量が増えるので、毛穴が詰まりやすい状態に拍車をかけます。

<運動不足>
運動不足の状態が続くとストレスがたまったり、自律神経がうまく働かなくなったりするので、ホルモンバランスが乱れます。
1日30分程度の簡単な運動で良いので、体を動かす習慣をつけましょう。
帰宅が遅くなりがちな場合は、自宅でできるエアロバイクやエクササイズがオススメです!

<乱れた食生活>
忙しいからといって、レトルトやコンビニ弁当で食事を済ませる日が増えると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
「煮るだけ」「焼くだけ」といった手軽なメニューで十分なので、肉・魚・野菜・海藻類・大豆製品・果物などをバランスよく食べるようにしましょう。

特に、女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」や、女性ホルモンの分泌を促すビタミン類は大切です。

<タバコ>
タバコに含まれるニコチンは、血行を悪くして卵巣の働きを低下させたり、一酸化炭素によって酸素が足りない状態にしてしまったりして、女性ホルモンの分泌量を減少させます。
エストロゲンは卵巣で作られるので、このような状態が続くのは大問題!
できるだけ禁煙するようにしましょう。

<アルコール>
お酒を飲むと、アルコールを分解するためにいつもより体温が高くなりますが、これが寝苦しさにつながります。
さらに、分解熱がたくさん出た後は体温が下がり始めるので、今度は体が冷えることに。
冷えは卵巣にダメージを与えるので、エストロゲンが出にくくなってしまいます。
適度な飲酒は血行の促進にもつながりますが、飲み過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。

適切なスキンケアと規則正しい生活でニキビを予防・改善!

ニキビの予防・改善に役立つ化粧水や乳液の選び方、正しい使いかた、おすすめ商品について説明しましたが、いかがでしたか?
大人ニキビの原因は肌の乾燥とターンオーバーの乱れなので、いかに肌の水分量を保てるかが勝負!
そして質の良いものを正しく使うことが大切です。
ニキビ肌に刺激を与える添加物が少ないもの、保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。
また、自分の肌質を知ることも重要なので、コスメカウンターや皮膚科でチェックしてもらうことをおすすめします。
ホルモンバランスの乱れにも気を配り、ニキビを寄せ付けない丈夫な肌を作りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る