ツボを押してホルモンバランスを整える!ニキビに効果的な押し方とは?

Vst_top_n32

私たち人間の体には約350個のツボがあると言われています。それぞれに「刺激すると効果的な場所」が存在するので、うまく活用すると体の不調が治ったり、美容に役立てたりすることができるのです。顎や背中などにできる大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因なので、これを整えるツボを押すと改善に効果があります。オススメの場所や上手な押し方について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

ツボ押しをする時の注意点

まず、安全にツボ押しをするための注意点について知っておきましょう。ツボ押しをすると血行が良くなるので、心拍数が高くなっている時は避けるのが原則。体に負担がかかりやすいので、食後やアルコールを飲んだ後、サウナに入った時、熱が出ている時はやらないようにしましょう。また、妊娠中は万が一のトラブルを避けるため、自分でやるのではなく、専門家にお任せすることをオススメします。

ツボ押しにベストなタイミングは、お風呂上りで気持ちがリラックスしている時。また、朝起きた時や、夜寝る前の時間も、目覚めをスッキリさせたり、睡眠の質を高めたりするのに役立つので積極的に押してみましょう。

上手にツボを押すためのコツ

ツボを押す時は、息を吐きながら押し、息を吸いながら力を抜くのが基本です。呼吸を意識することで力の加減をしやすくなるので、自然にできるようになるまで練習してみてください。ツボを押す場所は、触ってみた時に痛みや冷えを感じるところ。正確な場所は人によって微妙に違うので、見本で示されているあたりを目安に探してみましょう。

押す時は親指の腹を使い「ちょっと痛い」と感じる程度の力で刺激を加えます。3~5秒ぐらい押したらゆっくりと力を抜き、リラックスしましょう。押すのが痛い場合は、周辺を軽くさするだけでもかまいません。急にぐっと力を入れたり、長い時間押し続けたりすると周辺組織が傷つくので気を付けてくださいね。

ホルモンバランスを整える効果のあるツボ

<中渚(チュウショ)>
手の薬指と小指をつなぐ点から手首のほうへ親指1本分ぐらい下がったところにあるツボ。自律神経の働きを整え、ホルモンバランスの乱れを改善します。

<壇中(ダンチュウ)>
左右の乳房のちょうど真ん中あたりにあるツボ。ホルモンバランスを整えてニキビを治りやすくする他、バストアップやストレス解消にも効果があります。

<天枢(テンスウ)>
おへそから指2本分、外側にあるツボ。女性ホルモンの分泌を促す効果があるので、男性ホルモン優位の状態を改善してニキビを改善します。

<血海(ケッカイ)>
膝より指3本分、斜め上にあるツボ。血行を良くする効果があるので、ホルモンバランスを整えるのに役立ちます。

<百会(ヒャクエ)>
頭のてっぺんの、ちょうど真ん中に位置するツボ。気の巡りが良くなるのでストレス解消に役立ち、ホルモンバランスが乱れにくくなります。

おわりに

ホルモンバランスを整えるツボについて、いかがでしたか? ツボ押しには特別な道具やテクニックは必要ないので、いくつか覚えておくといざという時に便利です。大人ニキビの解消には女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを整えることが必要不可欠なので、毎日押してコントロールに役立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る