ホルモンバランスの乱れを整える市販薬やサプリでニキビを治す!おすすめの種類と使用法は?

shutterstock_005
Pocket

ニキビ治療に興味のある方なら、一度は「ホルモンバランスを整えるとニキビが治りやすくなるらしい」と聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、ホルモンバランスを整える薬として有名な「低用量ピル」の処方や、「ホルモン注射」を行うには、病院に行かなければなりません。
忙しい人には、ちょっと負担ですよね。

そこでおすすめなのが、ドラッグストアで買える市販の治療薬やサプリ
どれを選んだらいいのか、サプリや漢方薬の選び方をご案内します!
女性ホルモンを元気にしてくれるものをご紹介するので、ニキビケアに取り入れてみてください。

低用量ピルでニキビを治したい方、ピルについて詳しく知りたい方はコチラ!

ニキビ治療におすすめ!女性ホルモンを整えられる市販薬

プレフェミン/ゼリア新薬

anim_4_1
「プレフェミン」は、チェストツリーと呼ばれるハーブを原料として作られた、日本で唯一のPMS治療薬です。

購入するには薬剤師がいる薬局で薬剤師に相談し、不快な症状がPMSによるものと認められなければなりません。
2回目以降は購入履歴を記載したカードを持参するので、最初ほど時間はかかりません。

プレフェミンがニキビに効くのは、チェストツリーがプロゲステロンの分泌量を安定させることで、エストロゲンとのバランスが良くなるからです。
ハーブが主成分なので薬といえども効き目は穏やかですが、その分、安全性も高い薬となっています。
しっかりニキビを治すため、まずは3ヶ月続けてみましょう。

命の母ホワイト/小林製薬

top_product
「命の母」は、昔から更年期障害を軽くする薬として使われてきました。
近頃ではこれに血行を促したり、水分の流れを良くしたりする生薬を多めに配合した「命の母ホワイト」が新しく加わりました。
「命の母ホワイト」は妊娠や出産、月経前などに乱れやすいホルモンバランスを整えて、不快症状を和らげることに役立ってくれます。

「命の母ホワイト」には血の流れを良くするための生薬が多く配合されているので、体の冷えがだんだん軽くなっていきます。
ホルモンバランスを整えるには、これがとても大事。
冷え性の女性はエストロゲンが分泌される卵巣にダメージを受けやすいので、温めてあげることによって分泌量を安定させることができるようになるのです。

また、毛穴を引き締める「シャクヤク」や、炎症を鎮める効果のある「ボタンピ」という生薬が含まれているので、皮脂量のコントロールや赤ニキビの改善にも効果的です。
個人差はありますが、効果が現れるまでにかかる期間はおよそ2週間。
少しずつ体質を変えていくつもりで、根気よく治療しましょう。
続けるうちにホルモンバランスが整うので、ニキビはもちろん、PMSの改善にも効果が期待できますよ

ペア漢方エキス錠/ライオン

img_item_01
「ペア漢方エキス錠」は、ケイヒ、トウニン、シャクヤク、ブクリョウ、ボタンピの5つの生薬から作られた薬。
東洋医学の考え方で「血のめぐり」を改善し、ホルモンバランスを整えてニキビを治してくれます
「@コスメ」などの口コミサイトでは「これを飲み始めてからニキビができにくくなった」という感想を書く人が多く、かなり期待が持てそうです。

漢方は自分の体質に合ったものを服用することが大切ですが「ペア漢方エキス錠」の場合は比較的体力があり、のぼせやすいタイプの人に向いています
虚弱体質の人が無理して飲むと食欲不振、発疹、かゆみ、発熱、倦怠感などの副作用が出る恐れがあるので、心配な時は医師に相談してみましょう。

サプリを使ったニキビ治療

shutterstock_002
市販のサプリの中にも、ホルモンバランスを整えるのに役立つものがいろいろあります。
たとえば、マカや大豆イソフラボン、ローヤルゼリー、プラセンタなどです。

薬ではなく食品なので効き目は穏やかですが、その分副作用も出にくいというメリットがあります。
ただし、過剰摂取をすればなんらかの弊害が起きる可能性はゼロではないので、使用方法は必ず守るようにしてくださいね。

サプリでホルモンバランスが整うのは、不足していた栄養素を補うことで女性ホルモンの分泌量を増やしたり、エストロゲンと似た働きをしたりすることができるからです。
本当は毎日の食事から必要な栄養素をしっかり摂れるのが理想ですが、忙しい毎日の中ではなかなか難しいですよね。
ニキビが出始めたら「栄養が不足しているのかも」と自覚し、サプリで不足分を補ってあげましょう。

<DHCのサプリメント>

健康食品の分野でかなりのシェアを誇るDHC。
ホルモンバランスの安定化に役立つのは次の5種類です。

<大豆イソフラボン>

2180_L
大豆イソフラボンは、エストロゲンが足りない場合にはそれを補い、多すぎる場合は減らす役目を果たします。

<ターンライフ>

2484_L
「大豆イソフラボン」や「プエラリア」、「ブラックコホシュ」「チェストツリー」などの、女性ホルモンを活性化させる成分を贅沢に配合したサプリです。

<ザクロ種子>

2080_L

ザクロにはエストロゲンと似た働きをする「エストロゲン様物質」が含まれています。

<エステミックス>

2159_L
女性ホルモンと似た働きをする「プエラリアミリフィカ」を主成分に作られたサプリ。
9種類の美容成分が女性の心と体をイキイキと保ちます。

<マカ>

32206_L
マカに含まれる「植物性エストロゲン」が、乱れてしまったホルモンバランスの安定化に役立ちます。

女性ホルモンと似た働きをする成分をもったサプリを探そう

<大豆イソフラボン>
味噌や納豆などの大豆製品に多く含まれている成分で、エストロゲンの分泌量が多すぎる時はこれを抑え、逆に足りない時には似た働きをすることでサポートします。
食事から摂る分にはまず問題ありませんが、サプリから摂る場合は過剰摂取になることも。
かえってホルモンバランスを乱すことになってしまうので、1日あたりの摂取量はきちんと守ってください

<亜麻リグナン>
亜麻リグナンはポリフェノールの一種で、亜麻という植物の種子に含まれています。
更年期障害の治療にもよく使われるので、ニキビだけでなく心身の不調を改善するのにも役立ちますよ。

<ブラックコホシュ>
北アメリカ原産のハーブで、昔から女性特有の疾患を和らげる植物として利用されていました。
エストロゲンと似た働きをすることでニキビのできにくい肌を作る他、PMSや更年期障害、骨粗しょう症を予防する効果も期待できます。

まだある!ホルモンバランスの調整に役立つ成分

<ボロン>
キャベツやリンゴ、わかめなどに多く含まれるボロンには、女性ホルモンを活性化させる作用があります。
熱に弱いという性質があるのでサプリで摂るのが正解。
ただし、過剰摂取すると乳がんなどのリスクを高める可能性があるので、1日あたりの摂取量をきちんと守りましょう

<プラセンタ>
馬や豚、羊、ヒトの胎盤から抽出される成分で、卵巣の機能をアップさせてエストロゲンの分泌量を増やす力があります。
更年期障害や不妊症の治療にもよく使われていますよ。

<ビタミンB6>
エストロゲンの代謝に関わってホルモンバランスを整え、美肌づくりをサポートしてくれる成分です。
脂質の分解を助ける力があるのでダイエットにも効果的。たんぱく質の代謝を促すのでターンオーバーの正常化にも役立ちますよ。

漢方を使ったニキビ治療

shutterstock_003
ホルモンバランスを整えるには、東洋医学である漢方も有効です。
サプリが女性ホルモンを活性化させたり、足りない分をサポートしたりするのに対し、漢方は体の良くない部分を根本から改善して女性ホルモンが分泌されやすい状態に整えます
大人の女性には冷え性やのぼせなどに悩む方が多いですが、漢方ならニキビを改善しながらこうした症状も和らげることができますよ。

漢方にはホルモンバランスの乱れの原因となる「冷え」や「血流障害」を改善する効果があるので、続けるうちにニキビのできにくい体質になります
ついでに体調不良も治まってくるので、虚弱体質やのぼせ、頭痛、吐き気、生理不順、慢性疲労などに悩んでいる方は機会があれば試してみてください。

漢方は自分の体に合うものを使うことが大切で、勝手な判断で服用すると逆効果になる場合があります
ドラッグストアや通信販売で買えるものもありますが、できれば漢方薬局で専門家の指示を仰ぐのがおすすめ
カウンセリング料はかかりますが、肌や体の状態に合ったものを豊富な種類の中から選んでくれるので、効果は高く、副作用は起きにくくなりますよ。

漢方でのニキビ治療の詳しい記事はコチラ!

おわりに

shutterstock_004
ホルモンバランスを整えてニキビを治してくれる薬やサプリをご紹介しましたが、いかがでしたか?

これらの薬やサプリは上手に使えば非常に良い効果をもたらしてくれるので、自分に合ったものを、正しい方法で使うようにしましょう。

またサプリは様々な種類のものがあるので、内容をよく吟味して自分に足りないものを飲むようにしましょう。
薬じゃないとはいえ、過剰摂取するとなんらかの副作用が起きる可能性があるので、適正な摂取量は必ず守ってくださいね。
体調が気になる場合は、漢方を服用するのも一つの方法です。
ホルモンバランスが整えば、肌はしっとりうるおい、皮脂分泌が正常になって、毛穴も詰まりにくくなりますよ。

ホルモンバランスの乱れで起きる不正出血でお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る