ニキビ肌には乳液がいらないって本当?必要な人、そうじゃない人の違いとは?

test_top_02

毎日のお手入れで、なにげなく乳液を使っている人も多いと思いますが、実は乳液がいらない肌質の人がいるってご存知でしたか? そのような人が無理に使ってしまえば、肌をキレイにするどころか、かえってニキビを作り出すきっかけになりかねないので、自分の肌質はできるだけ正確に把握しておくようにしましょう。見分け方や、それぞれの肌質への対処法について説明します。

真のオイリー肌は乳液がいらない

乳液の目的は、肌表面に油分で膜を作り、肌内部に閉じ込めた水分を逃がさない事。そのため、わざわざ油分を足さなくても十分に肌がうるおっている場合は、乳液を使う必要がないのです。「スキンケアに乳液を使わないなんてあり得ない」という思い込みで使用を続けると、かえって毛穴が詰まってニキビができてしまうので気を付けてください。

オイリー肌でも、乳液が必要となるケースとは

肌表面は油でテカテカしているように見えても、実は角層に水分が足らず、乾燥している人がいます。このような状態を「インナードライ」と呼びますが、角層に水分が不足するとターンオーバーの働きが滞ってしまうため、古い角質で毛穴がふさがってニキビができやすくなります。

自分が真のオイリー肌か、それともインナードライであるかを見分けるのはそれほど簡単ではありませんが、洗顔をした後でなにもつけずに放っておき、しばらくして肌がパサパサに乾いてくるようであれば、肌内部が乾燥している証拠と言えるでしょう。この時、真のオイリー肌なら時間がたっても乾燥しません。

自分がインナードライであると気付いたら、乳液の使用を始めましょう。洗顔と化粧水の後で適量を肌全体に伸ばし、手のひらで温めながらじっくり浸透させてあげてください。

混合肌の人の正しい乳液の使い方

混合肌の場合は、同じ顔の中に「乾燥している部分」と「脂っぽい部分」が両方存在するので、スキンケアの際は化粧品を使い分ける必要があります。乾燥している部分には乳液もしっかりなじませますが、脂っぽい部分は乳液を全く使わないか、使うにしてもほんの少量にしておいたほうが良いでしょう。

また、混合肌の人には、化粧水や乳液がひとつになった「オールインワンタイプ」の化粧品は向いていません。このような化粧品はスキンケアにかかる時間を大幅に短縮できて非常に便利なのですが、水分と油分の微妙な調整ができないので、ニキビの原因になることがあります。

インナードライのニキビ肌におすすめ! 市販の乳液

<DHC 薬用セラミドミルク/(株)DHC/3,024円(税込)>

植物性100%の天然セラミドを配合し、肌のバリア機能を強化する乳液。のびが良く、みずみずしい使い心地なので、肌表面がベタつくインナードライ肌の人でも使いやすいです。メイク崩れしにくいので、朝のスキンケアにも。

混合肌でニキビがある人におすすめ! 市販の乳液

<ジュジュ バランシーナ 混合肌用乳液/(株)ジュジュ化粧品/1,296円(税込)>

整肌成分の「イノシトール」と、保湿成分の「ヒアルロン酸」の働きで、カサつく部分にうるおいを与えながらバランスの良い肌へ整えてくれる乳液。ベタつかずさっぱりしているので、ニキビができている時でも抵抗なく使えます。

乳液がいらないのは真のオイリー肌だけ! 肌質に合ったスキンケアでニキビを防ごう

インナードライはオイリー肌との区別がつきにくいので、自分がそうであると気付かないまま、皮脂を取り除くケアを続けている人が少なくありません。しかし、真のオイリー肌以外の人には乳液の油分が必要。この機会にコスメカウンターや皮膚科で肌質のチェックを受け、正しい方法でのお手入れを始めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る