ニキビに効くダマスクローズの効能まとめ!効果と特徴とは?オイルやアロマ、化粧水など

ERY92_baranohana20130514
Pocket

ダマスクローズ(ローズ・オットー)は「バラの女王」とも呼ばれる華やかな品種。
その芳しい香りと可憐な見た目は、マリー・アントワネットやクレオパトラにも愛されたと言われています。
ダマスクローズはただ香りや見た目が良いだけでなく、女性に嬉しい効果効能を持っています。
気持ちをリラックスさせる効果や、ホルモンバランスの乱れを整える効果保湿効果などがあります。
これはどれも大人ニキビの予防・改善にも効果的!
ダマスクローズのオイルやアロマ、化粧水、香りの詳しい特徴や上手な使い方について説明するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダマスクローズの歴史

shutterstock_085

ダマスクローズの歴史は非常に古く、紀元前5~6世紀頃まで遡れると考えられています。
最初に栽培を始めたのは、現在有数の産地として有名なブルガリアではなく、中東だったそうで、そこから徐々に近隣諸国に伝わって、今日のように広く世界中で愛されるようになりました。
「ダマスクローズ」という名前は、原種がシリアの都・ダマスカスからブルガリアへ運ばれたことに由来するそうです。
ヨーロッパに広まったのは、11世紀に十字軍が聖地エルサレムに遠征した際、自国へバラを持ち帰ったからだという説が有力です。

ダマスクローズを愛用していたとされる歴史上の人物

shutterstock_086

<マリー・アントワネット>
・バラの刺繍がしてあるドレスや、バラをあしらった小物がお気に入りだった
・小トリアノン宮殿の庭をバラの花でいっぱいにした
・輿入れをする際、沿道に詰めかけた人々に向けて花びらを振りまいた

<クレオパトラ>
・寝室いっぱいに花びらを敷き詰め、ローマの英雄であるユリウス・カエサルを誘惑した
・ローズオイルを肌に塗っていた
・花びらを枕にして眠った
・花びらをお風呂のお湯に入れて入浴した
・ローズエキスを飲んでいた

<皇帝ネロ>
・宴会場一面を花びらで埋め尽くした
・お風呂のお湯にローズウォーターを入れて入浴した
・入浴後はローズオイルを体に塗っていた
・天井から大量の花びらを降らせたことがある

<ナポレオンの妻・ジョセフィーヌ>
・マルメゾン離宮に広大なバラの庭園を作った

<ルイ14世>
・ベルサイユ宮殿全体に、大量のローズウォーターを振りかけさせていた

ダマスクローズの花言葉

shutterstock_087

ダマスクローズの花言葉は「美しい姿」「照り映える容色」。
まさに、美のために存在するバラという感じがしますよね。「あなたは美しい」と告白するのには、ぴったりの品種です。
ただ、切り花としては扱われていないので、メッセージカードと一緒に花束として贈り物にできないのが残念!
乾燥させてドライローズにしたものを、かわいくラッピングしてみてはいかがでしょうか?

ダマスクローズによる美容・健康効果

shutterstock_088

1年のうち、わずか20日間しか花を咲かせない「ダマスクローズ」は、バラの中でも特に香りが良いことで有名です。
その香りやエキスには心身をリラックスさせ、ホルモンバランスを整える効能があるので、大人ニキビの予防や改善にも効果的なのです。

<ホルモンバランスが整う>
ローズオイルやローズウォーターには血行を良くする力があります。
血液循環が悪い卵巣が冷え、エストロゲンの分泌量が低下し、男性ホルモン優位になって大人ニキビができやすくなるので要注意。
積極的に血行を促すようにしましょう。

また、血行が良くなることによって、冷え症、むくみ、肩こりなども改善されやすくなります
余分な水分や老廃物が体内に溜まりにくくなるので、デトックス効果も期待できそうですね。

<PMS・更年期障害の症状の緩和>
ダマスクローズにはエストロゲンの分泌を促す作用があるので、PMSや更年期障害が改善されやすくなります。
症状が軽かったり、薬に頼ることに抵抗があったりする場合は、ぜひダマスクローズを試してみてはいかがでしょうか。

<不妊症の改善>

shutterstock_089
ダマスクローズによって女性ホルモンが活性化し、子宮や卵巣の機能が良くなるので、不妊症の改善にも効果が期待できると言われています
ルームスプレーで部屋に香りをつけたり、ローズティーとしていただいたりして、ゆったりとした気分で赤ちゃんを待ちましょう。
ただし、ダマスクローズを使っても良いのは妊娠するまで
胎児を育てるために変化したホルモンバランスに、悪影響を与える可能性もあると言われているので、無事に出産するまでは控えたほうが安心です。

<心身の緊張が和らぐ>
日常的に強いストレスを受け続けていると、脳が疲労して自律神経が乱れやすくなります。
そして、皮脂の過剰分泌や睡眠不足につながり、大人ニキビが頻出することに……。
ダマスクローズの香りはリラックス効果がとても高いことで有名です。
ダマスクローズの優雅な香りを嗅いで、心身の緊張を和らげましょう。
香りを手軽に取り入れるには、ダマスクローズのハンドクリームでお手入れをしたり、ルームスプレーを使ったりすると、簡単で便利です。
イライラや不安を感じる時、神経が昂って眠れない時、落ち込んで元気が出ない時など、ぜひ試してみてください。

<抗菌作用>
ローズオイルに含まれる「ゲラニオール」には、菌の繁殖を抑える効果があります。
毎日のスキンケアに使えば、アクネ菌の活動が弱まって大人ニキビ対策にはもってこい!
保湿効果でお肌のハリも蘇りますよ。
また、風邪の予防や花粉症の緩和にも効果が期待できるので、シーズンを迎える前にダマスクローズで対策を始めておくと良いのではないでしょうか。
温かいローズティーなら、体を温めることで免疫力を上げることにも役立ちます。

<整腸作用>
shutterstock_090
ダマスクローズを使ったジャムや紅茶をいただくと、腸の働きが良くなって余分な老廃物が排出されやすくなります
お腹が痛い時は、温かい紅茶にジャムを溶かした「ローズティー」がオススメ!
花びら入りのものなら、見た目も楽しむことができます。

<二日酔い>
ちょっと意外ですが、ダマスクローズは肝臓の働きを良くする作用も持っているので、二日酔いに有効です。
「気持ち悪い」「頭がガンガンする」という時は、部屋の空間にダマスクローズをスプレーしたり、温かいローズティーを飲んでみたりしてはいかがでしょうか。

<新陳代謝を促す>
ダマスクローズはビタミンAとビタミンCを豊富に含むため、新陳代謝を促すことに役立ちます。
また、肌の炎症を抑える効果も期待できるので、敏感肌の人のスキンケアにも向いています。

ニキビケアに!ダマスクローズの上手な使い方

shutterstock_048

ダマスクローズでニキビをケアするには、香水やアロマを使って香りを嗅いだり、オイルや化粧品を直接肌につけたりする方法があります。
単体でも良いですが、できればこれらの方法を複数組み合わせてあげると、より高い効果が得られますよ。

ダマスクローズ配合の化粧品として有名なものに「ラ・ミューテ」がありますが、製品ラインナップとして洗顔フォーム、化粧水、美容液が揃っています。
洗顔フォームで肌の汚れをしっかり落としたら、化粧水をコットンにたっぷり含ませ、肌に乗せてパックをしてみましょう。
バラの良い香りで気持ちがリラックスし、保湿しながらホルモンバランスを整えることができます。
仕上げは、肌にぐんぐん浸透してバリアを作り、水分の蒸発を防いでくれる美容液。
ダマスクローズの成分と美容成分のW効果で肌が内側からふっくらし、ニキビのできにくいしっとりした弾力肌を作ってくれます。

日常を優雅に!ダマスクローズの上手な取り入れ方

shutterstock_091

<アロマポットを使って>
ダマスクローズは香りを嗅ぐだけでもホルモンバランスの安定に効果があります。
1日の終わりのリラックスタイムに、アロマポットを使って部屋中にバラの香りを広げましょう。
気持ちが落ち着いて、安眠にも役立ちますよ。

<お風呂のお湯に入れて>
浴槽のお湯に、ローズオイルをほんの2,3滴。
さあっと豊かなバラの香りが広がって、いつものバスタイムがもっと楽しくなります。
蒸気とともにダマスクローズの成分を吸い込むので、美容・健康効果もアップ!
ローズオイルの他には、ダマスクローズを配合した入浴剤を使うという方法もあります。
バスソルト、バスハーブ(不織布に入っていて、お湯の中で揉んで使うもの)、ミルクなどがあるので、好みのタイプを選んでみてください。
お湯から上がった後は、ダマスクローズのボディクリームやヘアクリームでお手入れをすると、より効果的ですよ。

<サプリメントで>
shutterstock_002
ダマスクローズを使ったサプリメントを飲むと、吐息や体臭がバラの香りになります。
もちろん、虫歯や歯周病、ワキガによる臭いを防ぐことはできませんが、健康な人ならまるで香水を振りかけたような良い香りをまとうことができますよ。
個人差がありますが、汗をかいた時の臭いも気にならなくなるそうです。

<いつもの化粧水にプラスして>
ダマスクローズから作られたオイルを、いつもの化粧水にほんの数滴。
豊かな香りがさっと広がって、リラックス効果がぐんとアップします。
ローズオイルには、ターンオーバーを促したり、毛細血管の弾力を増加させたりする作用があるので、美容効果も高まります。

<ローズティーとして>
使用する花びらは、お店で売られているドライローズでも、自宅の庭で育てた生花でも、どちらでもOK。
生花の場合は、花蕾のガクを外してから使いましょう。
ちなみに、ドライローズは生花に比べて成分がぎゅっと濃縮されているんです。保存が利くだけでなく、薬効を高めるにも効果的と言われています。

▲基本の作り方
1. ティーポットに花びらを入れ、上からお湯(90℃ぐらい)を注いだら、そのまま3~5分おいてじっくりバラの成分を抽出させる。
2. カップに注ぎ、好みでジャムなどを添えていただく。
※ローズティーはノンカフェインなので、寝る前の1杯にも最適。おいしく飲んで、朝までゆっくりと眠りましょう。

また、仕事の合間に飲むと、イライラや焦りを鎮めて気持ちを切り替えることに役立ちます。
職場で淹れることが難しい時は、濃いめに作ったものをマイボトルに入れて持っていくと良いですよ!

<ローズ酒として>
ダマスクローズの花びらをドライタイプにしたものを使って、ローズ酒を作ることができます。

▲材料
ダマスクローズの花びら6ℊ(ドライタイプ、無農薬のもの)、ホワイトリカー1ℓ
▲作り方
煮沸消毒をした瓶に花びらを入れ、上からホワイトリカーを注ぎ入れる。瓶の蓋を閉め、そのまま一晩寝かせて出来上がり。
※甘みが欲しい時は、氷砂糖を適量加えてみましょう。


<トッピングとして>

ダマスクローズを使ったジャムは、アイスクリーム、ヨーグルト、パンケーキ、トーストなどに使うとおいしいです。
リラックス効果があるので、仕事や家事の合間におやつとしていただくと、作業がはかどりそうですね。

ダマスクローズの特徴と育て方

shutterstock_092

<産地>
ダマスクローズの産地として有名なのは、イタリア、ブルガリア、トルコ、中国、モロッコなどの国々。
中でもブルガリア産のダマスクローズは香りが良いことで有名です。

<開花時期>
「美しいものは儚い」とはよく言ったもので、ダマスクローズの開花時期は1年のうちたったの20日間程度
ですから、香水やオイルを作るための花は、この期間に集中して採取するのです。
日が昇ると香りの成分が飛んでしまうので、早朝のまだ暗いうちに行うそうですよ。

<苗>
「自分でダマスクローズを育ててみたい!」という場合は、苗を購入すれば可能です。
貴重な品種なので、値段は1本あたり3,000~4,000円が相場
鉢植えの状態で分けてもらうと、初心者でも育てやすいです。

ダマスクローズの育て方

shutterstock_094
ダマスクローズは、新苗と大苗の2種類の苗から選んで育てることができます。
▲新苗
前年の秋から初冬にかけて接ぎ木をしたもの。
植え付けの時期は4月上旬~5月下旬です。
最初の花は咲かせて楽しんでも良いですが、その後は蕾を摘んでしまったほうが、株を大きく成長させることができます。

▲大苗
新苗を半年~1年ほど成長させたもの。
植え付けの時期は11月上旬~2月下旬です。
購入時期の気温が低いので、あらかじめ鉢に植えられたものを選ぶと、根付くかどうかの心配が少なくなります。

▲鉢植えの仕方と水やり方法
1. 植木鉢の底に軽石などを詰め、その上から不織布を敷いて苗を置く。購入時に根に付いてきた土は、払わずそのままの状態にしておく。
2. バラ用の培養土をかぶせ、必要に応じて肥料を足す。植木鉢を置く場所は、日当たりと風通しの良い場所が適当。
3. 根が乾かないよう、土の表面が乾くたびにたっぷりの水を与える。

 

▲うどんこ病や害虫対策の仕方
春や秋になると、葉の表面がうどん粉に覆われたように白くなることがあります。
放置すると枯れてしまうので、安全な材料で作った有機100%の液肥を薄めて散布しましょう。

また、バラはアブラムシが付きやすい品種です。
これも放置すると葉や花の成長に影響するので、こまめに手で取り除いてください。
アブラムシはテントウムシが天敵なので、もし捕まえることができれば、葉の上に置いてやると良いです。

ダマスクローズの成分

shutterstock_049

ネロール/女性ホルモンの分泌を促進させる、肌の弾力を回復させる、神経を落ち着かせる

シトロネロール/防虫効果、神経の昂りを抑える、抗菌作用

ゲラニオール/不安感の抑制、肌にハリと弾力を与える、女性ホルモンの分泌促進、体臭や口臭の予防

ファネソール/皮膚トラブルの改善

フェニルエチルアルコール(香り成分)/抗菌作用

リナロール/抗菌作用、神経の昂りを抑える、不安感を鎮める、血圧を下げる、抗ウイルス作用

オノイゲール/鎮痛作用、殺菌効果

ダマスクローズを使った製品の種類

shutterstock_093

収穫されたダマスクローズは、様々な製品に加工されて私たちのもとへ届けられます。
開花時期が短いので生花として楽しめるのはごくわずかな日数ですが、加工してあるものなら1年中そばに置いておけますね。

<オイル>
窯の中に花びらと水を入れて煮詰めると「ローズオイル」が出来上がります。
数千本のダマスクローズを使ってもほんのわずかな量しか採れないこのオイルは、とても貴重なものです。

<化粧品>
ダマスクローズは、洗顔料やクレンジング、化粧水、美容液、石鹸などにも使われています。
心地よい香りに包まれながらお肌のお手入れをする時間は、まさに至福の時。
保湿効果や抗菌作用に優れているので、大人ニキビが気になる方にも最適です。

<食品>
ダマスクローズは、食品にも多く使われています。
主な加工品は、ジャム、ローズソルト(調味塩)、ジュース、紅茶、タブレット、キャンディなど。
香りが良いのはもちろん、見た目も華やかなので、食卓がパッと明るくなります。

ダマスクローズの香水

shutterstock_095

バラの香りの香水は非常に多く作られていますが、中でもこのダマスクローズを使ったものは、上品で柔らかい香りと評判です。
お部屋を香りで満たしたい場合は、アロマオイルを焚くと良いですよ。

ダマスクローズを使った人気の香水

女性らしいエレガントな印象を与えてくれるダマスクローズの香水は、デートの時はもちろん、気分転換にもおすすめです。
人気の商品を紹介します。
▲第1位:テラクオーレ オードトワレ ダマスクローズ/(株)イデアインターナショナル/5,616円(税込み)
06440350_sku_002m
他の香りは一切使われていないので、純粋にダマスクローズの香りだけを楽しむことのできる香水。
「これじゃなきゃダメ!」とリピーターになる人も多いです。

▲第2位:ローズ ド クロエ オードトワレ/イムノス/30ml:8,316円、50ml:11,232円、75ml:13,824円(全て税込み)
163743_xl
希少なローズウォーターを贅沢に配合し、みずみずしくピュアなイメージに仕上げた香水です。
甘すぎず、すっきりとした香りが特徴。

▲第3位:ディフストーリー ダイヤモンドパフューム/(株)サカイトレーディング/4,104円(税込み)
l_image
叶恭子さんがプロデュースした練りタイプの香水。
ダマスクローズをベースに、レモン、グリーンノート、ムスク、ウッディなどの香りを調和させています。

<ダマスクローズの香水の作られ方>
shutterstock_066

ダマスクローズの香水は、まず「水蒸気蒸留法」によってローズオイルを作るところから始まります。
朝のまだ早いうちに、蕾の状態で収穫されたダマスクローズは、抽出施設に運ばれて大きな窯に投入。
この時、窯の中に入れるものはダマスクローズと水だけ。
出来上がったローズオイルは、100%ピュアなものです(この時、同時にローズウォーターも作られます)。

わずか1ℊのローズオイルを作るのには、約2,600本のダマスクローズが必要だそうです。
価格が高いのも納得ですね。
ローズオイルができたら、それを精製水やエタノールと合わせて香水は出来上がりです。
ちなみに、材料さえ揃えれば、自分でも作ることができますよ。

▲手作り香水の作り方(出来上がり10ml)
清潔な遮光瓶に無水エタノール10mlを入れ、ダマスクローズから作られたオイルを20滴加えて蓋をする。
よく振って中身を混ぜ合わせたら、そのまま一晩寝かせて保存用の容器に移す。

▲オーデコロンの作り方(出来上がり15ml)
清潔な遮光瓶に無水エタノール12mlを入れ、ダマスクローズから作られたオイルを6滴加えてよく混ぜる。
さらに精製水3mlも加えてよく混ぜ合わせたら完成。

▲練り香水の作り方(出来上がり20ℊ)
清潔なボウルにホホバオイル15mlとミツロウ5ℊを入れて湯煎にかけ、混ぜながらしっかりと溶かす。
完全に溶けたら保存容器に移し、ダマスクローズから作られたオイルを15滴加えてかき混ぜる。
※ミツロウは湯煎から外すとすぐに固まり始めるので、時間をおかず、すぐにオイルを加えてかき混ぜてください。

ダマスクローズの化粧水

shutterstock_080

化粧水は、精製水に水溶性の成分を加えて作られます。
商品によって配合される成分の種類は変わりますが「グリセリン」と呼ばれる保湿剤は、安全性が高く、使い勝手も良いことから、たいていの商品に配合されているようです。
ダマスクローズの化粧水の場合は、さらに原料としてローズウォーターも加えられるわけですね。
家庭で手作りしたい場合は、ローズダマスクウォーターにグリセリンを加えると作ることができます。
必要な量は、ローズダマスクウォーターが100mlなら、グリセリンは2.5~5ml程度。冷暗所に保管し、できるだけ早めに使い切りましょう。

ダマスクローズの安全性について

shutterstock_012

ダマスクローズには「食用」と「観賞用」がありますが、観賞用には農薬が使われている可能性があります
そのため、お茶に花びらを浮かべたり、お風呂のお湯に入れたりする場合は、農薬を使った観賞用のダマスクローズを使うと非常に危険なわけです。

「ローズ風呂用」として売られているものを購入する時にも、必ず無農薬栽培もしくは特殊洗浄によるクリーニング済みであるかを確認するようにしましょう。

また、肌に直接つける化粧品を購入する際にも、ぜひ原料となるダマスクローズの安全性を確かめていただきたいと思います。
そのためには、HPを確認してみましょう。
安全性にこだわって化粧品を作っている会社であれば、どのように栽培されたものを使っているかがちゃんと記載されているはずです。

香りやエキスでダマスクローズの効能を取り込んで大人ニキビをケア

shutterstock_062

ダマスクローズの効能や特徴、ニキビへの効果、上手な取り入れ方についていかがでしたか?
とても貴重な品種だけに、オイルや香水、化粧品として加工されているのはうれしいですよね。
香りを嗅ぐだけでも気分が落ち着き、ホルモンバランスが整うので、取り入れやすいものから試してみましょう。

バラを使った製品はかわいらしいピンク色のパッケージに包まれている場合が多いですが、ピンクはホルモンバランスの活性化に役立つ色なので、お部屋に置いておくだけでも良い効果が得られそうです。
食品としても使える花だけに、取り入れ方はいろいろ!
自分に合った方法で、楽しくニキビケアをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る