おでこのニキビは「男性ホルモン」が原因なの?!

42fbb177d1542cae1e728a1db3e63251_s
Pocket

思春期におでこニキビができる人は男女問わず多いのですが、それでも実は男性の方が、思春期・青年期問わずおでこにニキビができやすいと言われているのです。
なぜなら、おでこニキビの原因の1つに「男性ホルモン」が関わっているから。
今回はおでこニキビがなかなか治らない人は「必読」です!

男性ホルモンがおでこニキビを誘発するワケ

思春期と言うのは第二次性徴期とほぼ時期が被るワケですが、この時期には人間、心身ともに成長・性徴が著しくなります。
そしてこの性徴を促すものというが、「性ホルモン」です。
性ホルモンには一般的な俗称として「女性ホルモン」と「男性ホルモン」があるのは良く知られていますよね。
しかし、この2つは「男性」「女性」と名前についていますが、実はどちらの性別の体内にも存在しているのです。

つまり女性の身体にも男性ホルモンはありますし、男性の身体にも女性ホルモンは存在しているということです。
さて、この性ホルモン、おでこニキビと大きく関係しているのは、男性ホルモンと言われる「テストステロン」です。
テストステロンは数ある男性ホルモンの代表格的な存在ですが、身体への働きとしては「皮脂の分泌を促す」ことがあります。

つまり、第二次性徴期に入って、体内で男性ホルモンが多くなってくると必然的に皮脂の分泌が過剰になり、ニキビができやすい環境が整ってしまうと言うわけなのです。
しかも、女性よりテストステロンが多く分泌される男性は、そのせいもあっておでこニキビがたくさんできてしまう人が多くなり、しかも間違ったスキンケアのせいでおでこニキビを悪化させてしまう人が多いのです。

おでこニキビを根治させたいときは

これまでにご紹介したとおり、おでこニキビには男性ホルモンがかなり深く関わっているのですが、実はこのためにおでこニキビが治らない…というのはまだあまり広く知られていることではありません。
ですので、女性・男性に関わらず、おでこニキビが長期化しているのに病院にいかず、自力で治そうとして更に悪化させる人も少なくないのです。

しかし、なかなか治らないおでこニキビについては、皮膚科へ診察を受けに行き、男性ホルモンの過剰分泌を抑制するホルモン療法を受けると、びっくりするほどおでこニキビが改善することも多いので、悩むときはきちんと皮膚科を受診するのがおススメですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る