おでこ(額)ニキビが気になって美容院に行けない…どうしたら良い?

download6

顔にニキビができてしまうと、美容院に行くのって何だかためらってしまいますよね。
特におでこ(額)ニキビはできると悪化しやすいので、赤くなったりしている人も多く「この状態で美容院に行くの嫌だなぁ~」と言う人は多くいます。
おでこ(額)ニキビがヒドイ時、みんなはどうやって美容院に行っているのでしょうか?

美容院は「おしゃれなところ」ではなく「おしゃれになるための場所」

美容院っておしゃれなところって感覚を持つ人は、若い人でも年配の人でもどちらでも持っているイメージです。
確かに、美容師さんは個性的なファッションだったり、隣に座っているお客さんは自分よりおしゃれだ!と思うことが多かったりで、美容院って「おしゃれ」な感じがしますよね。
でも、実は美容師さんたちは、お客さんの「きれいになりたい!」「おしゃれになりたい!」をサポートするのが本来の役目なので、たとえお客さんが来店時にどんな感じでも、それをどうこうって思ってない人がほとんどなんです。

つまり、おでこニキビがひどくても、美容師さんはそのことについてお客さんが恥ずかしくなるようなことは言わない人の方が絶対的に多いのですよ。
逆に、自分も学生時代におでこニキビに悩んでいたり、おでこニキビについて悩む人が身近にいたという美容師さんなら、おでこニキビが治るためのアドバイスをくれることもあるくらいです。
美容院っていう場所は、そもそもおしゃれな人が行くのではなくて、これからおしゃれになりたい人が行く場所であるという意味合いの方が強いとも言えます。

美容院では前髪がおでこに掛かりにくい方法も教えてもらおう

本来は、おでこニキビがある人は、おでこに前髪が掛からないようにするのが1番なのですが、恥ずかしい気持ちが先だって、なかなかおでこを出していられる人は多くありません。
ですが、やはり前髪がおでこニキビのある額に掛かるのはあまりよろしくないので前髪は残したいけど、おでこニキビも治したい…と言う人は、美容院で、できるだけおでこにかからない前髪の処理方法を教えてもらいましょう。

前髪を軽くして、ふんわりさせるなど、日常でもおでこに前髪がかからない方法を実践できたら、おでこニキビの改善も早くなるはずです。
そしてそうした工夫は、自分1人だけではなかなか思いつかないので、美容院に行ってしっかり教えてもらうのがおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る